Menu Close

第10章 true-to-production インテグレーションテスト

MicroShed Testing は Java ライブラリーで、実稼働環境に似た環境でアプリケーションの実際の統合テストを作成するのに役立ちます。開発と実稼働間のパリティーの問題を最小限に抑えるには、実稼働環境で使用する Docker コンテナーと同じ Docker コンテナーでアプリケーションをテストします。

MicroShed Testing は Testcontainers フレームワーク 使用して、アプリケーションの内部にアクセスせずに Docker コンテナー外からアプリケーションを分析します。MicroShed Testing を使用して、Open Liberty アプリケーションの統合テストを開発できます。

開発環境と同様に、アプリケーションが正確に機能することを確認する必要があります。統合テストは複数のテストクラスおよびコンポーネントを評価しますが、統合テストではユニットテストよりも設定に長い時間がかかります。つまり、ユニットテストは短く、アプリケーションの個別のモジュールのテストを行います。開発サイクルおよび時間制限が短縮され、開発者はユニットテストを実行することが多くあります。MicroShed Testing は、アプリケーションの実稼働用の統合テストを作成および実行し、統合テストを効率的なワークフロー用に Testcontainers フレームワークで効率化します。

10.1. 開発および実稼働パリティー

開発と実稼働パリティー は、最新のアプリケーション を構築する ための方法論です。開発および実稼働パリティーの背後にある概念は、時間、人員、およびツールと同様の開発、ステージング、および実稼働環境を維持することです。開発プロセスを簡素化するために、開発者は実稼働環境で異なる開発のツールを使用します。たとえば、ローカルの Maven ビルドを使用して、開発時にアプリケーションのプロジェクトをビルドできますが、アプリケーションは実稼働環境で Docker コンテナーにデプロイされる可能性があります。環境間で異なると、テストは開発環境で渡されますが、テストは本番環境で失敗する可能性があります。MicroShed Testing は、実稼働環境でアプリケーションをテストすることで、開発および実稼働のパリティーを実現するために役立ちます。