Menu Close

第5章 サーバー設定の概要

Open Liberty サーバー設定は、1 つの必須ファイル、server.xml ファイル、およびオプションのファイルセットで構成されます。server.xml ファイルは適切に形式の XML であり、ルート要素が サーバー である必要があります。server.xml ファイルが処理されると、認識されない要素または属性は無視されます。

この server.xml ファイル例では、以下の操作を行うようにサーバーを設定します。

<server description="new server">
    <featureManager>
        <feature>jsp-2.3</feature> 1
    </featureManager>
    <httpEndpoint id="defaultHttpEndpoint"
                  httpPort="9080" 2
                  httpsPort="9443" />
    <applicationManager autoExpand="true" /> 3
</server>
1
JavaServer Pages 2.3 機能のサポート
2
ポート 9080localhost への受信トラフィックをリッスンする
3
デプロイ時に WAR ファイルを自動的に拡張

サーバー設定 という用語は、サーバー設定を構成するすべてのファイル、または XML ファイルの設定を参照するために使用できます。コンテキストが明確でない場合、サーバーの XML 設定 という用語を使用して XML ファイルの設定を参照します。

5.1. 設定ファイル

サーバー設定ファイルは、以下の順序で処理されます。

  1. server.env: 環境変数がこのファイルに指定されます。
  2. jvm.options: JVM オプションはこのファイルに設定されます。
  3. bootstrap.properties: このファイルは Open Liberty サーバーの起動に影響します。
  4. server.xml: この必須ファイルは、サーバー設定と機能を指定します。

5.1.1. server.env

server.env ファイルはオプションです。このファイルは bin/server シェルスクリプトにより読み取り、主に bin/server スクリプト の動作に影響を与える環境変数を指定します。server.env ファイルは、以下の場所から読み取ります。

  1. ${wlp.install.dir}/etc/
  2. ${wlp.user.dir}/shared/
  3. ${server.config.dir}/

同じプロパティーが複数の場所に設定されている場合、最後に見つかった値が使用されます。

これらのファイルの最も一般的な使用方法は、以下の環境変数を設定することです。

  • JAVA_HOME: 使用する JVM を示します。これが設定されていない場合は、システムのデフォルトが使用されます。
  • WLP_USER_DIR: サーバー設定が含まれる usr ディレクトリーの場所を示します。これは、他の場所は usr ディレクトリーと相対的であるため、etc/server.env ファイルでのみ設定できます。
  • WLP_OUTPUT_DIR: サーバーがファイルを書き込む場所を示します。デフォルトでは、サーバーは、設定が読み取るディレクトリー構造に書き込みます。ただし、一部の安全なプロファイルでは、サーバー設定を読み取り専用にする必要があるため、サーバーが別の場所にファイルを書き込む必要があります。

以下の例のように、server.env ファイルは KEY=value 形式です。

JAVA_HOME=/opt/ibm/java
WLP_USER_DIR=/opt/wlp-usr

キーの値にはスペースを含めることはできません。値は文字通り解釈されるため、スペースなどの特殊文字をエスケープする必要はありません。このファイルは、変数の置換をサポートしません。

5.1.2. jvm.options

jvm.options ファイルはオプションです。このファイルは、bin/server シェルスクリプトにより読み取り、JVM が Open Liberty で JVM の起動時に使用するオプションを決定します。jvm.options ファイルは以下の場所から読み取るのではなく、以下の場所から読み込まれます。

  1. ${wlp.user.dir}/shared/jvm.options
  2. ${server.config.dir}/configDropins/defaults/
  3. ${server.config.dir}/
  4. ${server.config.dir}/configDropins/overrides/

jvm.options ファイルがこれらの場所に存在しない場合は、サーバースクリプトが ${wlp.install.dir}/etc にあるファイルを探します(そのようなディレクトリーが存在する場合)。

jvm.options ファイルの一般的な用途は次のとおりです。

  • JVM メモリー制限の設定
  • 製品の監視により提供される Java エージェントの有効化
  • Java システムプロパティーの設定

jvm.options ファイル形式は、以下の例のように JVM オプションごとに 1 行を使用します。

-Xmx512m
-Dmy.system.prop=This is the value.

空白文字などの特殊文字をエスケープする必要はありません。オプションは JVM に読み取り、提供されます。複数のオプションを指定すると、それらはすべて JVM によって表示されます。このファイルは、変数の置換をサポートしません。

5.1.3. bootstrap.properties

bootstrap.properties ファイルはオプションです。

このファイルは Open Liberty ブートストラップ中に読み取り、サーバー起動の初期段階の設定を提供します。server .xml ファイルよりも前のサーバー が読み取り、起動から Open Liberty カーネルの起動および動作に影響を与える可能性があります。bootstrap.properties ファイルは単純な Java プロパティーファイルで、${server.config.dir} にあります。bootstrap.properties ファイルの一般的な使用方法は、server. xml ファイルを読み取る前にロギング動作に影響を与える可能性があるためです。

bootstrap.properties ファイルは特殊なオプションプロパティー bootstrap.include をサポートします。これは、ブートストラップステージでも読み取る別のプロパティーファイルを指定します。たとえば、この boostrap .include ファイルには、複数のサーバーが使用するブートストラッププロパティーの共通のセットを含めることができます。bootstrap.include ファイルを絶対パスまたは相対パスに設定します。

5.1.4. server.xml

最も重要な設定ファイルは server.xml ファイルです。server.xml ファイルは適切に形式の XML であり、ルート要素が サーバー である必要があります。サーバーがサポートしている正確な要素は、設定される機能に応じて異なり、未知の設定は無視されます。

Open Liberty は例外によって設定の原則を使用します。これにより、succinct 設定ファイルが可能になります。ランタイム環境は、ビルトイン設定のセットから動作します。デフォルト設定を上書きする設定のみを指定します。

サーバー設定ファイルは、以下の場所から読み取り、順番に読み込まれます。

  1. ${server.config.dir}/configDropins/defaults/
  2. ${server.config.dir}/server.xml
  3. ${server.config.dir}/configDropins/overrides/

$ {server.config.dir}/server.xml ファイルが存在する必要があり ますが、他のファイルはオプションです。

サーバー形式の XML ファイルをディレクトリーにドロップすると、設定を柔軟に作成できます。ファイルは、2 つの configDropins ディレクトリーごとにアルファベット順で読み取ら ます。