Menu Close

5.3.2. ファクトリー設定をマージします。

ファクトリー設定のマージは、要素名が一致するため、自動的にマージされないことを除き、シングルトン設定と同じルールを使用します。ファクトリー設定では、同じ要素の設定に有効です。つまり、2 つの異なる論理オブジェクトになります。そのため、各要素は個別のオブジェクトを設定することが想定されます。1 つの論理オブジェクトが 2 つの要素で設定されている場合、そのオブジェクトが同じであることを示すために各要素に id 属性を設定する必要があります。id 属性の変数置換はサポートされていません。

以下の例では、2 つのアプリケーションを設定します。最初のアプリケーションは myapp.war で、myawesomeapp のコンテキストルートを持ち ます。他のアプリケーションは myapp2.war で、コンテキストルートは myapp2 になります。

<server>
    <webApplication id="app1" location="myapp.war" />
    <webApplication location="myapp2.war" />
    <webApplication id="app1" contextRoot="/myawesomeapp" />
</server>