Menu Close

第3章 OpenShift でのデプロイメント

OpenShift は、Kubernetes ベースのコンテナーアプリケーションプラットフォームで、アプリケーションをビルド、コンテナー化、デプロイして、高可用性でスケーラブルな状態にすることができます。Open Liberty Operator を使用して、クラウドでのアプリケーションのデプロイおよび管理を単純化することもできます。

アプリケーションを開発およびコンテナー化した後に、コンテナーはデータベース、セキュリティーシステム、またはその他のマイクロサービスを実行している他のコンテナーと通信する必要があります。また、コンテナーはサービスが必要となり、スケーリングも必要になります。OpenShift は、開発者およびオペレーションチームのニーズに合わせてコンテナーを自動化および管理する機能を提供します。

3.1. OpenShift でのアプリケーションの実行

OpenShift でアプリケーションを実行する利点の 1 つは、クラウドホスト型インフラストラクチャーにサービス(IaaS)ソリューションとして、または現在のオンプレミス構造としてデプロイできることです。OpenShift CLI または OpenShift Do CLI を使用して、アプリケーションを開発できます。次に、アプリケーションを Open Liberty コンテナーにコンテナー化し、それらを OpenShift クラスターにデプロイします。

マイクロサービスの OpenShift へのデプロイに関する段階的なチュートリアルについては、『 OpenShift へのマイクロサービスのデプロイ』を参照してください。Open Liberty 上のアプリケーションを異なる OpenShift デプロイメントオプションと共にどのように使用できるかについての詳細は、OpenShift の ドキュメントを参照してください