Menu Close

9.2.3. Docker イメージのロギングの設定

messages.log を無効にし、代わりにコンソール出力を JSON としてフォーマットする Docker 環境では一般的です。環境変数を使用してこれを行うことができます。

WLP_LOGGING_MESSAGE_FORMAT=json
WLP_LOGGING_MESSAGE_SOURCE=
WLP_LOGGING_CONSOLE_FORMAT=json
WLP_LOGGING_CONSOLE_LOGLEVEL=info
WLP_LOGGING_CONSOLE_SOURCE=message,trace,accessLog,ffdc,audit

これは、-e を使用して環境変数を設定することで、docker run コマンドを実行する際に単に設定できます。

docker run -e "WLP_LOGGING_CONSOLE_SOURCE=message,trace,accessLog,ffdc"
           -e "WLP_LOGGING_CONSOLE_FORMAT=json"
           -e "WLP_LOGGING_CONSOLE_LOGLEVEL=info"
           -e "WLP_LOGGING_MESSAGE_FORMAT=json"
           -e "WLP_LOGGING_MESSAGE_SOURCE=" open-liberty