Menu Close

Visual Studio Code 拡張機能ガイド

Migration Toolkit for Applications 5.2

Visual Studio Code の Migration Toolkit for Applications エクステンションでアプリケーションを分析し、移行の問題を特定し、解決します。

概要

本ガイドでは、Visual Studio Code 用 Migration Toolkit for Applications 拡張機能を使用して Java アプリケーションの移行を単純化する方法を説明します。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。まずは、マスター (master)、スレーブ (slave)、ブラックリスト (blacklist)、ホワイトリスト (whitelist) の 4 つの用語の置き換えから始めます。この取り組みは膨大な作業を要するため、今後の複数のリリースで段階的に用語の置き換えを実施して参ります。詳細は、弊社 の CTO、Chris Wright のメッセージ を参照してください。

第1章 はじめに

1.1. Visual Studio Code 用 Migration Toolkit for Applications 拡張について

Migration Toolkit for Applications (MTA) エクステンションは、Java アプリケーションが含まれるプロジェクトの移行またはモダナイゼーション用に Visual Studio Code の直接サポートを提供します。

MTA 拡張機能はカスタマイズ可能なルールセットを使用してプロジェクトを分析し、ソースコード内の問題をマークし、問題を修正するためのガイダンスを提供し、可能な場合は自動コードの置き換えを提供します。

重要

Visual Studio Code 用の Migration Toolkit for Applications (MTA) 拡張はテクノロジープレビューとしてのみ提供されます。テクノロジープレビュー機能は、近々発表予定の製品イノベーションをリリースに先駆けてご提供することにより、お客様は機能性をテストし、開発プロセス中にフィードバックをお寄せいただくことができます。ただし、この機能は Red Hat サブスクリプション契約で完全にサポートされていないため、機能的に完全でない可能性があり、実稼働環境での使用を目的としていません。

Red Hat カスタマーポータルのテクノロジープレビュー機能のサポート範囲を参照してください。

1.2. Migration Toolkit for Applications の概要

Migration Toolkit for Applications とは

Migration Toolkit for Applications (MTA) は、Java アプリケーションの移行およびモダナイゼーションを簡素化する拡張可能でカスタマイズ可能なルールベースのツールです。

MTA は、プロジェクトソースディレクトリーやアプリケーションアーカイブを含むアプリケーションアーティファクトを検査し、変更を必要とするエリアを強調表示する HTML レポートを作成します。MTA は、以下の例を含む多くの移行パスをサポートします。

  • エンタープライズアプリケーションサーバーから Red Hat JBoss Enterprise Application Platform への移行
  • アプリケーションをコンテナー化し、そのクラウド化
  • Spring Boot から Quarkus への移行
  • OpenJDK バージョンの更新

ユースケースおよび移行パスの詳細は、開発者向け MTA Web ページを参照してください。

Migration Toolkit for Applications で移行を単純化する方法

Migration Toolkit for Applications は一般的なリソースを探し、アプリケーションを移行する際の既知の問題点を明らかにします。これは、アプリケーションが使用するテクノロジーのハイレベルビューを提供します。

MTA は、移行またはモダライゼーションパスの評価に関する詳細なレポートを生成します。このレポートは、大規模なプロジェクトに必要な作業を見積もり、関係する作業を減らすのに役立ちます。

詳細情報

Migration Toolkit for Applications の機能、サポートされる構成、システム要件、利用可能なツールの詳細は、『Migration Toolkit for Applications の概要』を参照してください。

第2章 Visual Studio Code 用 MTA 拡張のインストール

Visual Studio Code (VS Code) の MTA 拡張をインストールできます。

前提条件

  • 8 GB RAM
  • JDK 11 以降

手順

  1. 環境変数 JAVA_HOME を設定します。

    $ export JAVA_HOME=jdk11
  2. VS Code で Activity バーの Extensions アイコンをクリックして、Extensions ビューを開きます。
  3. Search フィールドに Migration Toolkit for Applications と入力します。
  4. Migration Toolkit for Applications 拡張を選択し、Install をクリックします。

    MTA 拡張アイコン ( MTA code extension ) が Activity バーに表示されます。

第3章 MTA 拡張機能を使用したプロジェクトの分析

実行設定を作成し、分析を実行して、MTA エクステンションでプロジェクトを分析できます。

3.1. MTA 拡張インターフェース

Migration Toolkit for Applications (MTA) 拡張機能のインターフェースは、情報の検索とアクションの実行を容易にするように設計されています。

  • 左側のペインに、上部にレポートアイコンが付いたAnalysis Resultsという名前のディレクトリツリーが表示されます。アイコンをクリックして、ブラウザーで MTA レポートを開きます。レポートアイコンの下には、ツリーの他の要素(MTA が分析したアプリケーション、使用されるルールセット、分析で検出された問題)です。
  • 右上のペインで、分析を設定できます。
  • 右下のペインで、ソース、ターゲット、高度なオプションなど、構成の設定が表示されます。このペインで分析の進捗状況を表示できます。分析が完了したら、Open Report ボタンをクリックして MTA レポートを開くことができます。これは、アプリケーションの移行またはモダナイゼーションの前に対処する必要がある問題を記述します。詳細は、CLI GuideMTA reportを参照してください。

図3.1 MTA 拡張インターフェース

MTA 拡張インターフェース

3.2. 実行設定の設定

複数の実行設定を設定して、VS Code にインポートする各プロジェクトに対して実行することができます。

手順

  1. Extensions ビューで、アクティビティーバーの Migration Toolkit for Applications アイコン ( MTA code extension ) をクリックします。
  2. Migration Toolkit for Applications の横にある +(上向き記号)をクリックして、実行設定を追加します。
  3. 以下の設定フィールドに入力します。

    • 入力: Add をクリックして、以下のいずれかを実行します。

      • 入力ファイルまたはディレクトリーを入力して、Enter を押します。
      • Open File Explorer をクリックし、ディレクトリーを選択します。
    • ターゲット: 1 つ以上のターゲット移行パスを選択します。
  4. 実行設定を右クリックし、Run を選択します。

    分析が完了したら、Open Report ボタンをクリックして MTA レポートを開くことができます。これは、アプリケーションの移行またはモダナイゼーションの前に対処する必要がある問題を記述します。詳細は、CLI GuideMTA reportを参照してください。

第4章 移行の問題の確認および解決

左側のペインで MTA エクステンションで識別される移行の問題を確認し、解決できます。

4.1. 問題の確認

MTA 拡張アイコンを使用して、重大度に基づいて問題の優先順位付けができます。また、クイック修正の自動コード置換がある問題を確認することもできます。

手順

  1. 左側のペインで、実行設定ディレクトリーを選択します。
  2. そのフォルダーを展開し、各アプリケーションファイルに生成された Hints を表示します。
  3. ソースコードを表示するヒントを選択します。
  4. ヒントを右クリックし、View Details を選択して Rule ID およびその他の情報を表示します。
  5. 各ヒントの横に表示される以下のアイコンに基づいて、問題の優先順位付けを行います。

    • Mandatory : 移行を成功させるには、この問題を修正する必要があります。
    • Warning : この問題は、移行時に問題が発生する可能性があります。
    • Optional or Quick Fix : 移行については、この問題の修正は任意です。このアイコンは、問題に利用できるクイック修正を示すためにも使用されます。

4.2. 問題の解決

以下のいずれかを実行して問題を解決できます。

  • クイック修正 の自動コードの置き換えの使用
  • ヒントを使用したファイルのコードの編集

Delete または Mark as Complete オプションを使用して、解決された問題を追跡できます。削除済みまたは完了とマークされたファイルは、次回それらを含むプロジェクトを分析する際に再度分析されます。

4.2.1. クイック修正の使用

クイック修正の自動コード置換を使用して、時間を節約し、繰り返し発生する問題を解決する際の一貫性を確保できます。

手順

  1. 左側のペインで、クイック修正アイコン ( Optional or Quick Fix ) の問題を右クリックし、Preview Quick Fix を選択します。
  2. 推奨の修正を受け入れるには、もう一度問題を右クリックし、Apply Quick Fix を選択します。
  3. オプション: 問題を右クリックし、Mark as Complete または Delete を選択します。

4.2.2. ファイルのコードの編集

VS Code にインポートしたプロジェクトのファイルを編集できます。

手順

  1. 左側のペインで、問題を右クリックし、Open Code を選択します。
  2. コードに必要な変更を加え、ファイルを保存します。
  3. オプション: 問題を右クリックし、Mark as Complete または Delete を選択します。