4.3. デフォルトの Web コンソールユーザーの削除

デフォルトの Web コンソールユーザーは、ユーザー名 mta およびパスワード password とともに Web コンソールが提供されます。Web コンソールの認証を有効にすると、このユーザーを削除し、認証されたユーザーのみが Web コンソールにアクセスできるようにする必要があります。

以下の手順に従って、デフォルトの Web コンソールユーザーを削除します。

  1. Web コンソールが実行していることを確認します。
  2. Red Hat Single Sign-On 管理コンソールを開きます。

    • a.zip インストールの場合:

      1. ブラウザーで http://localhost:8080/auth/ に移動します。
      2. Administration Console を選択して Red Hat Single Sign-On 管理コンソールにアクセスします。
    • OpenShift インストールの場合:

      1. ブラウザーで <OPENSHIFT_URL>/console/project/mta/overview に移動します。

        注記

        デプロイ時に OpenShift プロジェクトの名前を変更した場合は、mta をプロジェクトの名前に置き換えます。

      2. SSO HTTPS アプリケーションのリンクをクリックし、URL の末尾に「/auth」を追加します。
      3. Administration Console を選択して Red Hat Single Sign-On 管理コンソールにアクセスします。
  3. 管理ユーザーの認証情報を使用してログインします。デフォルトの認証情報は adminpassword です。
  4. 左上隅で、ドロップダウンメニューから mta レルムを選択します。
  5. 左側のナビゲーションメニューから Users を選択し、View all users をクリックします。
  6. mta ユーザーの行から、Delete をクリックし、確認します。