第5章 アプリケーションの Maven 化

MTA は、提供されるアプリケーションに基づいて Apache Maven プロジェクト構造を生成する機能を提供します。これにより、適切な依存関係を指定する必要な Maven Project Object Model (POM) ファイルを使用してディレクトリー構造が作成されます。

この機能は、プロジェクトの最終ソリューションを作成する予定はありません。これは、開始点を示し、アプリケーションに必要な依存関係および API を特定することを目的としています。プロジェクトでは、さらにカスタマイズが必要になる場合があります。

5.1. Maven プロジェクト構造の生成

MTA の実行時に --mavenize フラグを渡すことにより、提供されたアプリケーションの Maven プロジェクト構造を生成できます。

次の例では、jee-example-app-1.0.0.ear テストアプリケーションを使用して MTA を実行します。

$ <MTA_HOME>/bin/mta-cli --input /path/to/jee-example-app-1.0.0.ear --output /path/to/output --target eap:6 --packages com.acme org.apache --mavenize

これにより、Maven プロジェクト構造が /path/to/output/mavenized ディレクトリーに生成されます。

注記

--input 引数にコンパイルされたアプリケーションを指定する場合に限り、--mavenize オプションを使用できます。この機能は、ソースコードに対して MTA を実行する場合は利用できません。

--mavenizeGroupId オプションを使用して、POM ファイルに使用する <groupId> を指定することもできます。指定しないと、MTA はアプリケーションに適切な <groupId> の識別を試行するか、デフォルトで com.mycompany.mavenized になります。