2.2. レポートへのアクセス

Migration Toolkit for Applications を実行すると、コマンドラインの --output 引数を使用して指定する <OUTPUT_REPORT_DIRECTORY> にレポートが生成されます。

output ディレクトリーには、以下のファイルおよびサブディレクトリーが含まれます。

<OUTPUT_REPORT_DIRECTORY>/
├── index.html          // Landing page for the report
├── <EXPORT_FILE>.csv   // Optional export of data in CSV format
├── archives/           // Archives extracted from the application
├── mavenized/          // Optional Maven project structure
├── reports/            // Generated HTML reports
├── stats/              // Performance statistics

手順

  1. MTA の実行後に表示される出力から、レポートの index.html ファイルのパスを取得します。

    Report created: <OUTPUT_REPORT_DIRECTORY>/index.html
                  Access it at this URL: file:///<OUTPUT_REPORT_DIRECTORY>/index.html
  2. ブラウザーを使用して index.html ファイルを開きます。

    生成されたレポートが表示されます。