第3章 サポートされる構成

3.1. サポート対象の移行パス

Migration Toolkit for Applications (MTA) は、Oracle WebLogic Server などのサードパーティのエンタープライズアプリケーションサーバーから JBoss Enterprise Application Platform (JBoss EAP) への移行と、JBoss EAP の最新リリースへのアップグレードをサポートしています。

MTA は、Red Hat OpenShift Container Platform でのコンテナー化およびデプロイメントのアプリケーションの適合性を評価するための包括的なルールセットを提供します。MTA 分析を実行して、複数のターゲットプラットフォームに移行するアプリケーションの適切性を評価することができます。

以下の表は、最も一般的な移行パスを示しています。

表3.1 サポート対象の移行パス: ソースプラットフォーム ⇒ ターゲット

ソースプラットフォーム ⇒JBoss EAP 6JBoss EAP 7OpenShift Container PlatformOpenJDK 8 & 11Apache Camel 3Spring Boot on Red Hat Runtimes

Oracle WebLogic Server

-

-

IBM WebSphere Application Server

-

-

JBoss EAP 4

[a]

-

-

JBoss EAP 5

-

-

JBoss EAP 6

該当なし

-

-

JBoss EAP 7

該当なし

-

-

Oracle JDK

-

-

-

-

Apache Camel 2

-

-

-

Spring Boot

-

-

-

すべての Java アプリケーション

-

-

-

-

[a] 現在 MTA はこの移行パスのルールを提供していませんが、Red Hat コンサルティングはソースプラットフォームから JBoss EAP 7 への移行を支援します。