4.3. IDE プラグインについて

Migration Toolkit for Applications の IDE プラグインは、移行またはモダライゼーションの作業に変更を加える開発者向けに、Eclipse と Red Hat CodeReady Studio を直接サポートを提供します。MTA を使用してプロジェクトを分析し、ソースコード内の移行問題をマークし、問題を修正するためのガイダンスを提供し、可能な場合は自動コードの置き換えを提供します。

Visual Studio Code および Eclipse Che には MTA 拡張があります。この拡張機能は Minimum Viable Product としてのみ利用可能であり、今後の MTA リリースで完全に文書化され、サポートされます。拡張機能 の詳細は、Visual Studio Marketplace にアクセスしてください。

IDE プラグインの使用方法は、MTA の『IDE プラグインガイド』を参照してください。