CLI ガイド

Migration Toolkit for Applications 5.0

Migration Toolkit for Applications を使用してアプリケーションを移行する方法を説明します。

Red Hat Customer Content Services

概要

本ガイドでは、Migration Toolkit for Applications CLI を使用して Java アプリケーションの移行を単純化する方法を説明します。

第1章 はじめに

1.1. CLI ガイドについて

Java アプリケーションやその他のコンポーネントを移行するために、Migration Toolkit for Applications (MTA) を使用するエンジニア、コンサルタント、およびその他のユーザーを対象としています。CLI のインストールおよび実行方法、生成されたレポートを確認し、追加機能を活用する方法を説明します。

1.1.1. 本ガイドの <MTA_HOME> の使用

本ガイドでは、置き換え可能な変数 <MTA_HOME> を使用して、MTA インストールへのパスを示します。インストールディレクトリーは、.zip ファイルを抽出した mta-cli-5.0.Final ディレクトリーです。

注記

Windows オペレーティングシステムの場合は、Path too long エラーを防ぐために、mta という名前のディレクトリーに、MTA の .zip ファイルを展開する必要があります。

本ガイドで <MTA_HOME> が発生した場合は、これを MTA インストールへの実際のパスに置き換えます。

1.2. Migration Toolkit for Applications の概要

Migration Toolkit for Applications とは

Migration Toolkit for Applications (MTA) は、Java アプリケーションの移行を簡素化する拡張可能でカスタマイズ可能なルールベースのツールです。

MTA は、プロジェクトソースディレクトリーやアプリケーションアーカイブを含むアプリケーションアーティファクトを検査し、変更を必要とするエリアを強調表示する HTML レポートを作成します。MTA は、以前のバージョンの Red Hat JBoss Enterprise Application Platform から、または Oracle WebLogic Server や IBM WebSphere Application Server などの他のアプリケーションサーバーから Java アプリケーションを移行できます。

Migration Toolkit for Applications で移行を単純化する方法

Migration Toolkit for Applications は一般的なリソースを探し、アプリケーションを移行する際のテクノロジーと既知の問題点を明らかにします。この目的は、アプリケーションが使用するテクノロジーの概要を提供し、組織がエンタープライズアプリケーションを Java EE および Red Hat JBoss Enterprise Application Platform に推定、文書化、移行するために使用できる詳細なレポートを提供することです。

詳細情報

Migration Toolkit for Applications の機能、サポートされる構成、システム要件、利用可能なツールの詳細は、『Migration Toolkit for Applications の概要』を参照してください。

1.3. CLI について

CLI は、Migration Toolkit for Applications のコマンドラインツールです。これにより、ユーザーはアプリケーションに対する移行およびモダライゼーションの作業を評価および優先順位付けできます。他のツールのオーバーヘッドなしに分析を強調表示する多数のレポートが提供されます。CLI にはさまざまなカスタマイズオプションが含まれており、MTA 分析オプションを細かく調整したり、外部の自動化ツールと統合したりできます。

第2章 使い始める

2.1. 前提条件

CLI には以下の前提条件があります。

  • OpenJDK 1.8、OpenJDK 11、Oracle JDK 1.8、Oracle JDK 11
  • 8 GB RAM

macOS の CLI には、以下の追加の前提条件があります。

  • maxproc 値を 2048 以上に設定します。
  • maxfiles 値を 10000 に設定します。

2.2. CLI のインストール

手順

  1. MTA Download ページ から CLI をダウンロードします。
  2. .zip ファイルを任意のディレクトリーに展開します。

    Windows オペレーティングシステムの場合は、Path too long エラーを防ぐために、mta という名前のディレクトリーに、.zip ファイルを展開する必要があります。

抽出したディレクトリーは、本ガイドでは <MTA_HOME> と呼ばれます。

2.3. CLI の実行

アプリケーションに対して MTA を実行できます。

手順

  1. 端末を開き、<MTA_HOME>/bin/ ディレクトリーに移動します。
  2. mta-cli スクリプト (Windows の場合は mta-cli.bat) を実行し、適切な引数を指定します。

    $ ./mta-cli --input /path/to/jee-example-app-1.0.0.ear --output /path/to/output --source weblogic --target eap:6 --packages com.acme org.apache
    • --input: 評価されるアプリケーション。
    • --output: 生成されたレポートの出力ディレクトリー。
    • --source: アプリケーション移行元のテクノロジー。
    • --target - アプリケーション移行先のテクノロジー。
    • --packages - 評価されるパッケージ。この引数は、パフォーマンスを改善するために強く推奨されます。
  3. レポートにアクセスします。

MTA コマンドの例

アプリケーションアーカイブでの MTA の実行

次のコマンドは、JBoss EAP 5 からJBoss EAP 7 に移行するための サンプルEAR アーカイブ jee-example-app-1.0.0.earcom.acme パッケージおよび org.apache パッケージを解析します。

$ <MTA_HOME>/bin/mta-cli --input /path/to/jee-example-app-1.0.0.ear --output /path/to/report-output/ --source eap:5 --target eap:7 --packages com.acme org.apache
ソースコードでの MTA の実行

次のコマンドは、JBoss EAP 6 に移行するための seam-booking-5.2 サンプルソースコードの org.jboss.seam パッケージを分析します。

$ <MTA_HOME>/bin/mta-cli --sourceMode --input /path/to/seam-booking-5.2/ --output /path/to/report-output/ --target eap:6 --packages org.jboss.seam
cloud-readiness ルールの実行

次のコマンドは、JBoss EAP 7 に移行するためのサンプル EAR アーカイブ jee-example-app-1.0.0.earcom.acme パッケージおよび org.apache パッケージを解析します。また、クラウドの準備ができるかどうかも評価します。

$ <MTA_HOME>/bin/mta-cli --input /path/to/jee-example-app-1.0.0.ear --output /path/to/report-output/ --target eap:7 --target cloud-readiness --packages com.acme org.apache
MTA プロパティーの上書き

デフォルトの Fernflower デコンパイラーを上書きするには、コマンドラインで -Dwindup.decompiler 引数を渡します。たとえば、Procyon デコンパイル機能を使用する場合は、以下の構文を使用します。

$ <MTA_HOME>/bin/mta-cli -Dwindup.decompiler=procyon --input <INPUT_ARCHIVE_OR_DIRECTORY> --output <OUTPUT_REPORT_DIRECTORY> --target <TARGET_TECHNOLOGY> --packages <PACKAGE_1> <PACKAGE_2>

MTA CLI bash 補完

MTA CLI は、Linux システムの bash 補完を有効にするオプションを提供し、コマンドを入力した時に Tab キーを押して MTA コマンドライン引数を自動化できます。たとえば、bash 補完を有効にすると、以下のように利用可能な引数のリストが表示されます。

$ <MTA_HOME>/bin/mta-cli [TAB]
bash 補完の有効化

現在のシェルで bash 補完を有効にするには、以下のコマンドを実行します。プロンプトが返されたら、CLI の使用手順に従います。

$ source <MTA_HOME>/bash-completion/mta-cli
永続的な bash 補完の有効化

以下のコマンドを使用すると、再起動後も bash 補完が維持されます。

  • システムを再起動しても特定のユーザーの bash 補完を有効にするには、そのユーザーの ~/.bashrc ファイルに以下の行を追加します。

    source <MTA_HOME>/bash-completion/mta-cli
  • システムを再起動してもすべてのユーザーの bash 補完を有効にするには、Applications CLI bash 補完ファイルを /etc/bash_completion.d/ ディレクトリーにコピーします。デフォルトでは、このディレクトリーは root ユーザーのみが書き込み可能です。

    # cp <MTA_HOME>/bash-completion/mta-cli /etc/bash_completion.d/

MTA ヘルプへのアクセス

mta-cli コマンドで利用可能な引数の完全な一覧を表示するには、端末を開き、<MTA_HOME> ディレクトリーに移動し、以下のコマンドを実行します。

$ <MTA_HOME>/bin/mta-cli --help

2.4. レポートへのアクセス

Migration Toolkit for Applications を実行すると、コマンドラインの --output 引数を使用して指定する <OUTPUT_REPORT_DIRECTORY> にレポートが生成されます。

output ディレクトリーには、以下のファイルおよびサブディレクトリーが含まれます。

<OUTPUT_REPORT_DIRECTORY>/
├── index.html          // Landing page for the report
├── <EXPORT_FILE>.csv   // Optional export of data in CSV format
├── archives/           // Archives extracted from the application
├── mavenized/          // Optional Maven project structure
├── reports/            // Generated HTML reports
├── stats/              // Performance statistics

手順

  1. MTA の実行後に表示される出力から、レポートの index.html ファイルのパスを取得します。

    Report created: <OUTPUT_REPORT_DIRECTORY>/index.html
                  Access it at this URL: file:///<OUTPUT_REPORT_DIRECTORY>/index.html
  2. ブラウザーを使用して index.html ファイルを開きます。

    生成されたレポートが表示されます。

第3章 レポートの確認

次のセクションに示すレポートの例は、MTA GitHub ソースリポジトリーにある jee-example-app-1.0.0.ear サンプルアプリケーションの com.acme パッケージおよび org.apache パッケージを分析した結果です。

以下のコマンドを使用してレポートが生成されました。

$ <MTA_HOME>/bin/mta-cli --input /home/username/mta-cli-source/test-files/jee-example-app-1.0.0.ear/ --output /home/username/mta-cli-reports/jee-example-app-1.0.0.ear-report --target eap:6 --packages com.acme org.apache

ブラウザーを使用して、レポート出力ディレクトリーにある index.html ファイルを開きます。これにより、処理されたアプリケーションの一覧が表示されます。各行には、ストーリーポイント、インシデントの数、アプリケーションで発生したテクノロジーの概要が含まれます。

図3.1 アプリケーションリスト

アプリケーションリスト
注記

新しいルールが MTA に追加されると、インシデントと予測されるストーリーポイントが変わります。この値は、このアプリケーションをテストする際に表示される値と一致しない場合があります。

以下の表は、このメインの MTA ランディングページからアクセスできるレポートおよびページの一覧です。アプリケーションの名前 jee-example-app-1.0.0.ear をクリックして、アプリケーションレポートを表示します。

ページアクセス方法

アプリケーション

アプリケーションの名前をクリックします。

Technologies レポート

ページ上部にある Technologies リンクをクリックします。

Dependencies Graph レポート

ページ上部の Dependencies Graph リンクをクリックします。

複数のアプリケーションで共有されるアーカイブ

Archives shared by multiple applications リンクをクリックします。このリンクは、複数のアプリケーションに共有アーカイブがある場合にのみ利用できることに注意してください。

ルールプロバイダー実行の概要

ページの下部にある Rule providers execution overview リンクをクリックします。

使用される FreeMarker 機能およびディレクティブ

ページの下部にある FreeMarker methods リンクをクリックします。

フィードバックフォームを送信

トップナビゲーションバーの Send Feedback リンクをクリックし、MTA チームにフィードバックを送信できるフォームを開きます。

アプリケーションが、他の分析済みアプリケーションとアーカイブを共有している場合は、共有アーカイブからのストーリーポイントの数と、このアプリケーションに固有のストーリーポイントの数が表示されることに注意してください。

図3.2 共有アーカイブ

共有アーカイブ

アプリケーション間で共有されるアーカイブに関する情報は、「複数のアプリケーションで共有されるアーカイブ」レポートを参照してください。

3.1. アプリケーションレポート

3.1.1. ダッシュボード

アプリケーションのリスト でアプリケーション名をクリックして、レポートランディングページからこのレポートにアクセスします。

ダッシュボードでは、アプリケーションの移行作業全体の概要が表示されます。つまり、以下のようになります。

  • カテゴリー別のインシデントおよびストーリーポイント
  • 提案された変更の作業レベル別のインシデントおよびストーリーポイント
  • パッケージ別のインシデント

図3.3 ダッシュボード

ダッシュボード

上部のナビゲーションバーには、このアプリケーションの移行に関する追加の詳細を含むさまざまなレポートが一覧表示されます。現在のアプリケーションに適用可能なレポートのみが利用できることに注意してください。

レポート説明

Issues

注意が必要なすべての問題の簡潔な概要を提供します。

Application Details

移行時に注意する必要がある可能性のあるアプリケーション内で見つかったすべてのリソースの詳細を説明します。

Technologies

機能を基にグループ化されたすべての埋め込みライブラリーを表示します。これにより、各アプリケーションで使用されるテクノロジーを迅速に表示できます。

Dependencies Graph

分析したアプリケーション内にある Java パッケージの依存関係のグラフを表示します。このグラフは、各依存関係の関係も示しており、ネストされた複数の依存関係を表示できます。

Dependencies

アプリケーション内にある Java パッケージの依存関係をすべて表示します。

Unparsable

は、MTA が想定される形式で解析できなかったすべてのファイルを示しています。たとえば、.xml または .wsdl 接尾辞が含まれるファイルは XML ファイルであると仮定します。XML パーサーが失敗すると、問題はここに報告され、また個々のファイルがリストされている場所も報告されます。

Remote Services

アプリケーション内で見つかったすべてのリモートサービス参照を表示します。

EJB

アプリケーション内の EJB のリストが含まれます。

JBPM

分析中に見つかった JBPM 関連のリソースすべてが含まれます。

JPA

アプリケーションで見つかったすべての JPA 関連リソースの詳細が含まれます。

Hibernate

アプリケーションで検出されたすべての Hibernate 関連リソースの詳細が含まれています。

Server Resources

入力アプリケーションですべてのサーバーリソース (JNDI リソースなど) を表示します。

Spring Beans

分析中に見つかった Spring Bean の一覧が含まれます。

Hard-Coded IP Addresses

アプリケーションで見つかったすべてのハードコーディングされた IP アドレスの一覧を提供します。

Ignored Files

特定のルールおよび MTA 設定に基づいてアプリケーションに含まれるファイルを一覧表示し、処理されませんでした。詳細は、--userIgnorePath オプションを参照してください。

About

現在のバージョンの MTA を説明し、詳細なヘルプリンクを提供します。

3.1.2. Issues レポート

Issues リンクをクリックして、Dashboard からこのレポートにアクセスします。

このレポートには、選択した移行パスによって発生したすべての問題に関する詳細情報が含まれます。発生した問題ごとに以下の情報が提供されます。

  • 問題を要約するタイトル。
  • インシデントの合計数、または問題の発生回数。
  • 問題の 1 つののインスタンスを解決するルールのストーリーポイント。
  • この問題を解決するための推定作業量レベル。
  • 発生したすべてのインスタンスを解決するための全ストーリーポイント。これは、インシデントごとのストーリーポイントで検出されたインシデントの数を掛けて計算されます。

図3.4 Issues レポート

Issues レポート

報告された各問題は、タイトルをクリックして追加情報を取得することで拡張できます。以下の情報が含まれています。

  • インシデントが発生したファイルの一覧と、各ファイル内のインシデントの数。ファイルが Java ソースファイルの場合は、ファイル名をクリックすると、対応するソースレポートが表示されます。
  • 問題の詳細情報。この説明は問題の概要を示し、既知の解決策を提供し、問題または解決策に関するサポートドキュメントを参照します。
  • 問題を生成したルールへの Show Rule というタイトルの直接リンク。

図3.5 拡張された問題

問題レポートのルールの拡張

デフォルトでは、問題は 4 つのカテゴリーに分類されます。これらのカテゴリーに関する情報は、「カテゴリー」を参照してください。

3.1.3. Application Details レポート

Application Details リンクをクリックして、ダッシュボードからこのレポートにアクセスします。

レポートには、ストーリーポイント、パッケージごとの Java インシデント、およびアプリケーションで見つかったテクノロジーの発生回数が記載されます。以下は、移行プロセス中に生成されたアプリケーションメッセージの表示です。最後に、プロセス中に分析される各アーカイブにこの情報の内訳が表示されます。

図3.6 Application Details レポート

Application Details レポート

jee-example-app-1.0.0.ear/jee-example-services.jar を展開して、ストーリーポイント、パッケージごとの Javaインシデント、およびこのアーカイブで見つかったテクノロジーの発生数を確認します。この概要は、移行に割り当てられたストーリーポイントの合計で始まり、アーカイブ内の各ファイルに必要な変更の詳細を示す表が続きます。レポートには以下のコラムが含まれます。

列名説明

Name

分析されるファイルの名前。

Technology

分析するファイルのタイプ (例: Decompiled Java File または Properties)。

Issues

レビューまたは変更が必要なコードのエリアに関する警告。

Story Points

ファイルの移行に必要な作業レベル。

アーカイブがアプリケーションに複数回複製されると、そのアーカイブはレポートで 1 回だけ一覧表示され、[Included multiple times] でタグ付けされます。

図3.7 アプリケーションへのアーカイブの重複

アーカイブの重複

アプリケーション内で重複するアーカイブのストーリーポイントは、そのアプリケーションの合計ストーリーポイント数に 1 回だけカウントされます。

3.1.4. Technologies レポート

Technologies リンクをクリックして、ダッシュボードからこのレポートにアクセスします。

レポートには、解析されたアプリケーションで機能別にグループ化されたテクノロジーが一覧表示されます。これは、アプリケーションに含まれるテクノロジーの概要であり、各アプリケーションの目的を素早く理解できるように設計されています。

以下の図は、jee-example-app で使用されるテクノロジーを示しています。

図3.8 アプリケーションのテクノロジー

テクノロジーレポートアプリケーションビュー

3.1.5. アプリケーションの Dependencies Graph レポート

分析したアプリケーションの依存関係が、ダッシュボードから Dependencies Graph リンクからアクセスできるこのレポートに表示されます。

これには、サードパーティー JAR を含む WAR および JAR の一覧が含まれ、含まれる各ファイル間の関係をグラフ化します。グラフの各円は、アプリケーションで定義されている一意の依存関係を表します。

以下の図は、jee-example-app で使用される依存関係と、選択したアプリケーションがグラフの中央にあります。

図3.9 アプリケーションの依存関係グラフ

依存関係グラフアプリケーションビュー

依存関係グラフとの対話

依存関係グラフは、以下のいずれかを使用して調整できます。

  • 依存関係をクリックすると、左上隅にアプリケーションの名前が表示されます。選択されている間、依存関係には、上の画像の中央に見られるように、それを識別する影付きの円があります。
  • 円をクリックしてドラッグすると、再配置されます。マウスを放すと、依存関係がカーソルの位置に固定されます。
  • 固定された依存関係をクリックすると、依存関係がアプリケーションからデフォルトの距離に戻ります。
  • どこかをダブルクリックすると、グラフ全体がデフォルトの状態に戻ります。
  • 説明の項目をクリックすると、選択したタイプのすべての項目が有効または無効になります。たとえば、埋め込み WAR アイコンを選択すると、そのアイコンが有効な場合はすべての埋め込み WAR が無効になり、無効な場合はこれらの依存関係が有効になります。

3.1.6. ソースレポート

jee-example-services.jar の分析には、JAR 内のファイルと、各サービスに割り当てられた警告およびストーリーポイントが一覧表示されます。このテスト時の com.acme.anvil.listener.AnvilWebLifecycleListener ファイルには 22 個の警告があり、16 個のストーリーポイントが割り当てられています。ファイルリンクをクリックして詳細を表示します。

  • Information セクションは、ストーリーポイントの概要を説明します。
  • ファイルのソースコードが続きます。移行が必要な時点でファイルに警告が表示されます。

この例では、警告がさまざまなインポートステートメント、宣言、およびメソッド呼び出しに表示されます。各警告は、問題と実行すべきアクションを記述します。

図3.10 ソースレポート

ソースレポート

3.2. Technologies レポート

Technologies リンクをクリックして、レポートランディングページからこのレポートにアクセスします。

このレポートは、解析されたアプリケーションに使用されたテクノロジーを機能別にまとめたリストを提供します。これは、テクノロジーがどのように分散されているかを示し、通常は、多数のアプリケーションを分析してアプリケーションをグループ化し、パターンを特定した後にレビューされます。また、各アプリケーションのサイズ、ライブラリー数、およびストーリーポイントの合計も表示されます。

Markup などのヘッダーをクリックすると、結果を降順に並べ替えます。同じヘッダーを再度選択すると、結果が昇順になります。現在選択されているヘッダーは、並べ替えの方向を示す矢印の横に太字で示されます。これは、sort. y の方向を示します。複数のアプリケーションイメージ::technology-report-overview.png[Technologies used across multiple applications] で使用されるテクノロジー

3.3. Dependencies Graph レポート

Dependencies Graph リンクをクリックして、レポートランディングページからこのレポートにアクセスします。

これには、WAR と JAR の一覧が含まれ、含まれる各ファイル間の関係をグラフ化します。グラフの各円は、アプリケーションで定義されている一意の依存関係を表します。ファイルを複数のアプリケーションに依存関係として組み込むと、それらはグラフにリンクされます。

以下の図では、2 つの異なるグループを確認できます。左側には、複数の JAR を依存関係として定義する単一の WAR が表示されます。右側には、複数の WAR で使用されるものと同じ依存関係があります。この 1 つは、選択された overlord-commons-auth-2.0.11.Final.jar です。

図3.11 複数のアプリケーション間の依存関係グラフ

複数のアプリケーション間の依存関係グラフ

依存関係グラフは、以下のいずれかを使用して調整できます。

  • 依存関係をクリックすると、左上隅にアプリケーションの名前が表示されます。選択されている間、依存関係には、上の画像の中央に見られるように、それを識別する影付きの円があります。
  • 円をクリックしてドラッグすると、再配置されます。マウスを放すと、依存関係がカーソルの位置に固定されます。
  • 固定された依存関係をクリックすると、依存関係がアプリケーションからデフォルトの距離に戻ります。
  • どこかをダブルクリックすると、グラフ全体がデフォルトの状態に戻ります。
  • 説明の項目をクリックすると、選択したタイプのすべての項目が有効または無効になります。たとえば、埋め込み WAR アイコンを選択すると、そのアイコンが有効な場合はすべての埋め込み WAR が無効になり、無効な場合はこれらの依存関係が有効になります。

3.4. 複数のアプリケーションで共有されるアーカイブ

複数のアプリケーションによって共有されるアーカイブ リンクをクリックして、レポートランディングページからこれらのレポートにアクセスします。このリンクは、適用可能な共有アーカイブがある場合にのみ利用できることに注意してください。

図3.12 複数のアプリケーションで共有されるアーカイブ

複数のアプリケーションで共有されるアーカイブ

これにより、複数のアプリケーション間で共有されるすべてのアーカイブの詳細なレポートを表示できます。

3.5. ルールプロバイダー実行の概要

Rule providers execution overview リンクをクリックして、レポートランディングページからこのレポートにアクセスします。

このレポートは、アプリケーションに対して MTA 移行コマンドを実行する際に実行するルールの一覧を提供します。

図3.13 ルールプロバイダー実行の概要

ルールプロバイダー実行の概要

3.6. 使用される FreeMarker 機能およびディレクティブ

FreeMarker methods のリンクをクリックして、レポートランディングページからこのレポートにアクセスします。

このレポートには、レポートの作成に使用されたすべての登録済み関数およびディレクティブがリストされます。これは、デバッグの目的で、または独自のカスタムレポートを作成する場合に役立ちます。

図3.14 使用される FreeMarker 機能およびディレクティブ

Freemarker 機能およびディレクティブ

3.7. フィードバックフォームを送信

Send feedback リンクをクリックして、レポートランディングページからこのフィードバックフォームにアクセスします。

このフォームでは、製品を評価し、好きなものについて話し、改善のための提案を行うことができます。

図3.15 フィードバックフォームを送信

フィードバックフォーム

第4章 CSV 形式でのレポートのエクスポート

MTA には、分類やヒントなどのレポートデータをローカルファイルシステムのフラットファイルにエクスポートする機能があります。export 関数は現在 CSV ファイル形式をサポートし、レポートデータはコンマ (,) で区切られたフィールドとして示されます。

CSV ファイルは、Microsoft Excel、OpenOffice Calc、LibreOffice Calc などのスプレッドシートソフトウェアでインポートおよび操作できます。スプレッドシートソフトウェアは、MTA レポートから結果データを並べ替え、分析、評価、および管理する機能を提供します。

4.1. レポートのエクスポート

レポートを CSV ファイルとしてエクスポートするには、--exportCSV 引数を付けて MTA を実行します。CSV ファイルは、解析される各アプリケーションの --output 引数で指定されたディレクトリーに作成されます。

解析されたすべてのアプリケーションにわたって発見されたすべての問題は、レポートのルートディレクトリーにエクスポートされる AllIssues.csv ファイルに含まれます。

アプリケーションレポートからのレポートへのアクセス

CSV レポートをエクスポートすると、問題レポートの CSV 問題をすべてダウンロードできます。これらの問題をダウンロードするには、Issues Report の Download All Issues CSV をクリックします。

図4.1 CSV ダウンロードに関する問題レポート

CSV ダウンロードに関する問題レポート

4.2. CSV ファイルのスプレッドシートプログラムへのインポート

  1. スプレッドシートソフトウェア (例: Microsoft Excel) を起動します。
  2. FileOpen を選択します。
  3. CSV のエクスポートされるファイルを参照し、これを選択します。
  4. これで、データはスプレッドシートソフトウェアで分析できるようになりました。

4.3. CSV データ構造について

CSV 形式の出力ファイルには、以下のデータフィールドが含まれます。

ルール ID
指定の項目を生成したルールの ID。
問題のタイプ
ヒント または 分類
件名
classification または hint の件名。このフィールドは、特定のアイテムの問題を要約します。
説明
指定項目の問題の詳細な説明。
リンク
問題に関する追加情報を提供する URL。リンクは、リンクとリンクの説明という 2 つの属性で構成されます。
アプリケーション
このアイテムが生成されたアプリケーションの名前。
ファイル名
指定項目のファイルの名前。
ファイルパス
指定項目のファイルパス。
指定項目のファイルの行番号。
ストーリーポイント
特定のアイテムに割り当てられた、努力のレベルを表すストーリーポイントの数。

第5章 アプリケーションの Maven

MTA は、提供されるアプリケーションに基づいて Apache Maven プロジェクト構造を生成する機能を提供します。これにより、適切な依存関係を指定する必要な Maven Project Object Model (POM) ファイルを使用してディレクトリー構造が作成されます。

この機能は、プロジェクトの最終ソリューションを作成する予定はありません。これは、開始点を示し、アプリケーションに必要な依存関係および API を特定することを目的としています。プロジェクトでは、さらにカスタマイズが必要になる場合があります。

5.1. Maven プロジェクト構造の生成

MTA の実行時に --mavenize フラグを渡すことにより、提供されたアプリケーションの Maven プロジェクト構造を生成できます。

次の例では、jee-example-app-1.0.0.ear テストアプリケーションを使用して MTA を実行します。

$ <MTA_HOME>/bin/mta-cli --input /path/to/jee-example-app-1.0.0.ear --output /path/to/output --target eap:6 --packages com.acme org.apache --mavenize

これにより、Maven プロジェクト構造が /path/to/output/mavenized ディレクトリーに生成されます。

注記

--input 引数にコンパイルされたアプリケーションを指定する場合に限り、--mavenize オプションを使用できます。この機能は、ソースコードに対して MTA を実行する場合は利用できません。

--mavenizeGroupId オプションを使用して、POM ファイルに使用する <groupId> を指定することもできます。指定しないと、MTA はアプリケーションに適切な <groupId> を識別しようとするか、デフォルトで com.mycompany.mavenized になります。

5.2. Maven プロジェクト構造の確認

/path/to/output/mavenized/<APPLICATION_NAME>/ ディレクトリーには、以下の項目が含まれます。

  • ルート POM ファイル。これは、最上位ディレクトリーの pom.xml ファイルです。
  • BOM ファイル。これは、-bom で終わるディレクトリーの POM ファイルです。
  • 1 つ以上のアプリケーション POM ファイル。各モジュールには、アーカイブの名前が付けられたディレクトリーに POM ファイルがあります。

サンプルの jee-example-app-1.0.0.ear アプリケーションは、WAR と複数の JAR を含む EAR アーカイブです。これらのアーティファクトごとに個別のディレクトリーが作成されます。以下は、このアプリケーション用に作成された Maven プロジェクト構造です。

/path/to/output/mavenized/jee-example-app/
    jee-example-app-bom/pom.xml
    jee-example-app-ear/pom.xml
    jee-example-services2-jar/pom.xml
    jee-example-services-jar/pom.xml
    jee-example-web-war/pom.xml
    pom.xml

生成された各ファイルを確認し、プロジェクトに合わせてカスタマイズします。Maven POM ファイルの詳細は、Apache Maven ドキュメントの「Introduction to the POM」セクションを参照してください。

ルート POM ファイル

jee-example-app-1.0.0.ear アプリケーションのルート POM ファイルは /path/to/output/mavenized/jee-example-app/pom.xml にあります。このファイルは、すべてのプロジェクトモジュールのディレクトリーを特定します。

以下のモジュールは、サンプルの jee-example-app-1.0.0.ear アプリケーションのルート POM の一覧に記載されています。

<modules>
  <module>jee-example-app-bom</module>
  <module>jee-example-services2-jar</module>
  <module>jee-example-services-jar</module>
  <module>jee-example-web-war</module>
  <module>jee-example-app-ear</module>
</modules>
注記

必要に応じて、モジュールの一覧がプロジェクトの適切なビルド順序に一覧表示されるように、必ずモジュールの一覧の順番を変更してください。

また、ルート POM は Red Hat JBoss Enterprise Application Platform Maven リポジトリー を使用してプロジェクトの依存関係をダウンロードするように設定されます。

BOM ファイル

BOM (Bill of Materials)ファイルは、-bom で終わるディレクトリーに生成されます。サンプルアプリケーション jee-example-app-1.0.0.ear の場合、BOM ファイルは /path/to/output/mavenized/jee-example-app/jee-example-app-bom/pom.xml にあります。このBOMの目的は、プロジェクトで使用されるサードパーティの依存関係のバージョンを 1 か所で定義することです。BOM の使用に関する詳細は、Apache Maven ドキュメントの「Introduction to the dependencies mechanism」セクションを参照してください。

以下の依存関係は、jee-example-app-1.0.0.ear アプリケーションの BOM に一覧表示されています。

<dependencyManagement>
  <dependencies>
    <dependency>
      <groupId>log4j</groupId>
      <artifactId>log4j</artifactId>
      <version>1.2.6</version>
    </dependency>
    <dependency>
      <groupId>commons-lang</groupId>
      <artifactId>commons-lang</artifactId>
      <version>2.5</version>
    </dependency>
  </dependencies>
</dependencyManagement>

アプリケーション POM ファイル

Maven が可能なアプリケーションモジュールには、POM ファイルが含まれる個別のディレクトリーがあります。ディレクトリー名には、アーカイブタイプに応じてアーカイブの名前と、接尾辞 -jar-war、または -ear で終わるものが含まれます。

各アプリケーション POM ファイルには、以下を含むモジュールの依存関係が一覧表示されます。

  • サードパーティーライブラリー
  • Java EE API
  • アプリケーションサブモジュール

たとえば、jee-example-app-1.0.0.ear EAR (/path/to/output/mavenized/jee-example-app/jee-example-app-ear/pom.xml) の POM ファイルには、以下の依存関係の一覧が記載されます。

<dependencies>
  <dependency>
    <groupId>log4j</groupId>
    <artifactId>log4j</artifactId>
    <version>1.2.6</version>
  </dependency>
  <dependency>
    <groupId>org.jboss.seam</groupId>
    <artifactId>jee-example-web-war</artifactId>
    <version>1.0</version>
    <type>war</type>
  </dependency>
  <dependency>
    <groupId>org.jboss.seam</groupId>
    <artifactId>jee-example-services-jar</artifactId>
    <version>1.0</version>
  </dependency>
  <dependency>
    <groupId>org.jboss.seam</groupId>
    <artifactId>jee-example-services2-jar</artifactId>
    <version>1.0</version>
  </dependency>
</dependencies>

第6章 MTA パフォーマンスの最適化

MTA のパフォーマンスは、ハードウェア設定、アプリケーション内のファイルの数と種類、評価するアプリケーションのサイズと数、アプリケーションにソースコードとコンパイル済みコードのどちらが含まれているかなど、多くの要因に依存します。たとえば、10 MBを超えるファイルは、処理に時間がかかる場合があります。

一般に、MTA はクラスの逆コンパイルに約 40%、ルールの実行に 40% の時間を費やし、残りの時間は他のタスクの処理とレポートの生成に費やします。本セクションでは、MTA のパフォーマンスを改善するために実行できる内容を説明します。

6.1. アプリケーションのデプロイおよび実行

ハードウェアをアップグレードする前に、これらの提案を試してください。

  • 可能な場合は、アーカイブではなく、ソースコードに対して MTA を実行します。これにより、追加の JAR およびアーカイブをコンパイルする必要がなくなります。
  • <MTA_HOME>/bin/mta-cli コマンドラインで --packages 引数を使用して、MTA によって評価されるパッケージのコンマ区切りリストを指定します。この引数を省略すると、MTA はすべてを逆コンパイルするため、パフォーマンスに大きな影響があります。
  • --excludeTags 引数を指定すると、処理から除外できます。
  • プロプライエタリーパッケージや含まれている依存関係などの不要なパッケージやファイルの逆コンパイルや解析は回避してください。
  • 大規模なアプリケーションを分析する際に ulimit を増やします。Red Hat Enterprise Linux でこれを行う方法は、「Red Hat Enterprise Linux でオープンファイルの数を制限する」を参照してください。
  • ラップトップまたはデスクトップマシンよりも優れたリソースを持つサーバーにアクセスできる場合は、そのサーバーで MTA を実行することを検討してください。

6.2. ハードウェアのアップグレード

上記のアプリケーションとコマンドラインの提案がパフォーマンスを改善しない場合は、ハードウェアをアップグレードしないといけない場合があります。

  • ラップトップまたはデスクトップよりも優れたリソースを持つサーバーにアクセスできる場合は、そのサーバーで MTA を実行することを検討してください。
  • 逆コンパイルが必要な非常に大規模なアプリケーションには、大容量のメモリーが必要です。8 GB の RAM が推奨されます。これにより、3 ~ 4 GB の RAM が JVM で使用できるようになります。
  • シングルコアまたはデュアルコアからクアッドコアの CPU プロセッサーへのアップグレードにより、パフォーマンスが向上します。
  • ディスク領域と断片化はパフォーマンスに影響を及ぼす可能性があります。高速ディスク、特にソリッドステートドライブ (SSD) で、4 GB を超える最適化されたディスク領域があると、パフォーマンスが向上します。

6.3. パッケージおよびファイルを除外する MTA の設定

6.3.1. パッケージの除外

コンパイル中および分析中にパッケージを除外して、パフォーマンスを向上させることができます。これらのパッケージへの参照はアプリケーションのソースコードに残りますが、その参照を除外すると、プロプライエタリークラスの逆コンパイルと解析が回避されます。

定義された値に一致するパッケージはすべて除外されます。たとえば、com.acme を使用して、com.acme.example および com.acme.roadrunner の両方を除外できます。

以下のいずれかの方法でパッケージを除外できます。

  • --excludePackages 引数の使用
  • 無視される場所のいずれかに含まれるファイルでパッケージを指定します。各パッケージは別々の行に含める必要があり、このファイルは .package-ignore.txt で終わる必要があります。たとえば、<MTA_HOME>/ignore/proprietary.package-ignore.txt を参照してください。

6.3.2. ファイルの除外

MTA は、スキャンやレポートの生成中に、含まれるライブラリーや依存関係などの特定のファイルを除外できます。除外されたファイルは、無視されたいずれかの場所で拡張子が .mta-ignore.txt または .windup-ignore.txt ファイルで定義されています。

これらのファイルには、除外する名前の詳細を示す正規表現文字列が含まれ、1 行に 1 つのファイルがリストされます。たとえば、ライブラリー ant.jar と、次の内容を含むファイルを使用して、Example で始まる Java ソースファイルを除外できます。

.*ant.jar
.*Example.*\.java

6.3.3. 除外の場所の検索

MTA は以下の場所を検索します。

  • ~/.mta/ignore/
  • ~/.windup/ignore/
  • <MTA_HOME>/ignore/
  • --userIgnorePath 引数で指定されたファイルおよびディレクトリー

この各ファイルは、除外するコンテンツのタイプに応じて、パッケージまたはファイルを除外するように指定されたルールに準拠する必要があります。

付録A 参考資料

A.1. MTA コマンドライン引数

以下は、利用可能な MTA コマンドライン引数の詳細な説明です。

注記

スクリプトから実行した場合など、プロンプトを表示せずに MTA コマンドを実行するには、以下の引数を使用する必要があります。

  • --batchMode
  • --overwrite
  • --input
  • --target

表A.1 MTA CLI 引数

引数説明

--additionalClassPath

クラスパスに追加する追加の JAR ファイルまたはディレクトリーのスペース区切りリスト。逆コンパイルやその他の解析に使用できます。

--addonDir

指定したディレクトリーをカスタムアドオンリポジトリーとして追加します。

--batchMode

MTA を非対話モードで実行すべきように指定するフラグ。確認をプロンプトなしで実行します。このモードは、コマンドラインに渡さないパラメーターのデフォルト値を取ります。

--debug

デバッグモードで MTA を実行するフラグ。

--disableTattletale

Tattletale レポートの生成を無効にするフラグ。enableTattletaledisableTattletale の両方が true に設定されていると、disableTattletale は無視されます。また、Tatletale レポートは引き続き生成されます。

--discoverPackages

入力バイナリーアプリケーションで利用可能なパッケージをすべて表示するフラグ。

--enableClassNotFoundAnalysis

クラスパスで利用できない Java ファイルの分析を有効にするフラグ。分析時に一部のクラスが利用できない場合は、これは使用しないでください。

--enableCompatibleFilesReport

Compatible Files レポートの生成を有効にするフラグ。問題が検出されない状態ですべてのファイルを処理するため、このレポートには大規模なアプリケーションの処理に時間がかかる場合があります。

--enableTattletale

各アプリケーションの Tattletale レポートの生成を有効にするフラグ。このオプションは、eap が含まれるターゲットにある場合にデフォルトで有効になります。enableTattletaledisableTattletale の両方が true に設定されていると、disableTattletale は無視されます。また、Tatletale レポートは引き続き生成されます。

--excludePackages

評価から除外するパッケージのスペース区切りの一覧。たとえば、「com.mycompany.commonutilities」と入力すると、パッケージ名が「com.mycompany.commonutilities」で始まるクラスをすべて除外します。

--excludeTags

除外するタグのスペースで区切られた一覧。指定されている場合は、これらのタグを持つルールは処理されません。タグの全一覧を表示するには、--listTags 引数を使用します。

--explodedApp

指定された入力ディクショナリーに 1 つののアプリケーションのソースファイルが含まれていることを示すフラグ。

--exportCSV

レポートデータをローカルファイルシステムの CSV ファイルにエクスポートするフラグ。MTA は、--output 引数で指定されたディレクトリーにファイルを作成します。CSV ファイルは、データの操作および分析のためにスプレッドシートプログラムにインポートできます。

--help

MTA ヘルプメッセージを表示します。

--immutableAddonDir

指定したディレクトリーを、読み取り専用のアドオンリポジトリーとして追加します。

--includeTags

使用するタグのスペースで区切られたリスト。指定されると、これらのタグを持つルールのみが処理されます。タグの全一覧を表示するには、--listTags 引数を使用します。

--input

分析する 1 つ以上のアプリケーションを含むファイルまたはディレクトリーへのパスのスペースで区切られたリスト。この引数は必須です。

--install

インストールするアドオンを指定します。構文は <GROUP_ID>:<ARTIFACT_ID>[:<VERSION>] です。たとえば、--install core-addon-x または --install org.example.addon:example:1.0.0 です。

--keepWorkDirs

グラフデータベースや展開されたアーカイブファイルなどの一時作業ファイルを削除しないように MTA に指示するフラグ。これはデバッグに役立ちます。

--list

インストールされたアドオンを一覧表示するフラグ。

--listSourceTechnologies

利用可能なすべてのソーステクノロジーを一覧表示するフラグ。

--listTags

使用可能なタグをすべて表示するフラグ。

--listTargetTechnologies

利用可能なすべてのターゲットテクノロジーを一覧表示するフラグ。

--mavenize

アプリケーションの構造および内容に基づいて Maven プロジェクトディレクトリー構造を作成するフラグ。これにより、適切な Java EE API とプロジェクトモジュール間の正しい依存関係を使用して pom.xml ファイルが作成されます。--mavenizeGroupId オプションも参照してください。

--mavenizeGroupId

--mavenize オプションと使用すると、生成されるすべての pom.xml ファイルは <groupId> に提供された値を使用します。この引数を省略すると、MTA はアプリケーションに基づいて適切な <groupId> を判別しようとします。または、デフォルトでは com.mycompany.mavenized に設定されます。

--online

フラグは、それを必要とする機能のネットワークアクセスを許可します。現在、外部リソースに対する XML スキーマのみの検証は、インターネットアクセスに依存します。これには、パフォーマンスの低下があることに注意してください。

--output

MTA が生成したレポート情報を出力するディレクトリーへのパスを指定します。

--overwrite

--output で指定された既存の出力ディレクトリーを強制的に削除するためのフラグ。この引数を指定せず、-output ディレクトリーが存在する場合は、内容を上書きするかどうかを選択するように求められます。

重要

重要な情報を含むレポート出力ディレクトリーを上書きしないでください。

--packages

MTA によって評価されるパッケージのスペース区切りの一覧。この引数を使用することは強く推奨されます。

--remove

指定したアドオンを削除します。構文は <GROUP_ID>:<ARTIFACT_ID>[:<VERSION>] です。例: --remove core-addon-x または --remove org.example.addon:example:1.0.0

--skipReports

HTML レポートが生成されないことを示すフラグ。この引数の一般的な用途は、--exportCSV を使用してレポートデータを CSV ファイルにエクスポートする場合です。

--source

移行元の 1 つ以上のソーステクノロジー、サーバー、プラットフォーム、またはフレームワークのスペース区切りの一覧。この引数は、--target 引数とともに、使用されるルールセットを判断するのに役立ちます。--listSourceTechnologies 引数を使用して、利用可能なソースを一覧表示します。

--sourceMode

評価するアプリケーションに、コンパイルされたバイナリーではなくソースファイルが含まれていることを示すフラグ。

--target

移行先の 1 つ以上のターゲットテクノロジー、サーバー、プラットフォーム、またはフレームワークのスペース区切りの一覧。この引数は、--source 引数とともに、使用されるルールセットを判断するのに役立ちます。--listTargetTechnologies 引数を使用して、利用可能なターゲットを一覧表示します。

--userIgnorePath

${user.home}/.mta/ignore/ の他に、無視すべきファイルを MTA が特定できるように場所を指定します。

--userLabelsDirectory

MTA がカスタムターゲットランタイムラベルを探す場所を指定します。値には、複数または単数のラベルファイルを含むディレクトリーを使用できます。Target Runtime Label ファイルは、.windup.label.xml 接尾辞または .mta.label.xml 接尾辞を使用する必要があります。同梱されている Target Runtime Labels は $MTA_HOME/rules/migration-core/core.windup.label.xml 内で定義されます。

--userRulesDirectory

<MTA_HOME>/rules/ および ${user.home}/.mta/rules/ に加えて、MTA がカスタム MTA ルールを探す場所を指定します。値は、単数または複数のルールセットファイルを含むディレクトリーです。ルールセットファイルには .windup.xml 接尾辞または .mta.xml 接尾辞を使用する必要があります。

--version

MTA バージョンを表示します。

A.1.1. 入力の指定

分析する 1 つ以上のアプリケーションを含むファイルまたはディレクトリーへのパスのスペースで区切られたリスト。この引数は必須です。

使用方法

--input <INPUT_ARCHIVE_OR_DIRECTORY> [...]

--input 引数に指定された入力ファイルタイプがファイルであるかディクショナリーであるかに応じて、指定された追加の引数に応じて次のように評価されます。

ディレクトリー
--explodedApp--sourceMode引数なし

ディレクトリーは 1 つのアプリケーションとして評価されます。

ディレクトリーは 1 つのアプリケーションとして評価されます。

各サブディレクトリーはアプリケーションとして評価されます。

ファイル
--explodedApp--sourceMode引数なし

引数は無視されます。ファイルは 1 つのアプリケーションとして評価されます。

ファイルは圧縮プロジェクトとして評価されます。

ファイルは 1 つアプリケーションとして評価されます。

A.1.2. 出力ディレクトリーの指定

MTA が生成したレポート情報を出力するディレクトリーへのパスを指定します。

使用方法

--output <OUTPUT_REPORT_DIRECTORY>

  • 省略すると、レポートは <INPUT_ARCHIVE_OR_DIRECTORY>.report ディレクトリーに生成されます。
  • 出力ディレクトリーが存在する場合は、次のメッセージが表示されます (デフォルトは N)。

    Overwrite all contents of "/home/username/<OUTPUT_REPORT_DIRECTORY>" (anything already in the directory will be deleted)? [y,N]

ただし、--overwrite 引数を指定すると、MTA はディレクトリーの削除と再作成を続行します。詳細は、この引数の説明を参照してください。

A.1.3. ソーステクノロジーの設定

移行元の 1 つ以上のソーステクノロジー、サーバー、プラットフォーム、またはフレームワークのスペース区切りの一覧。この引数は、--target 引数とともに、使用されるルールセットを判断するのに役立ちます。--listSourceTechnologies 引数を使用して、利用可能なソースを一覧表示します。

使用方法

--source <SOURCE_1> <SOURCE_2>

--source 引数は、Maven バージョン範囲の構文 に続くバージョンサポートを提供するようになりました。これにより、指定されたバージョンに一致するルールセットのみを実行するように MTA が指示されます。例: --source eap:5

警告

JBoss EAP に移行する場合、バージョン (例: eap:6) を指定してください。eap のみを指定すると、移行パスに関連しないものを含め、すべてのバージョンの JBoss EAP にルールセットが実行されます。

ソースプラットフォームに JBoss EAP バージョンに適した Migration Toolkit for Applications「サポートされる移行パス」を参照してください。

A.1.4. ターゲットテクノロジーの設定

移行先の 1 つ以上のターゲットテクノロジー、サーバー、プラットフォーム、またはフレームワークのスペース区切りの一覧。この引数は、--source 引数とともに、使用されるルールセットを判断するのに役立ちます。このオプションを指定しないと、ターゲットを選択するように求められます。--listTargetTechnologies 引数を使用して、利用可能なターゲットを一覧表示します。

使用方法

--target <TARGET_1> <TARGET_2>

--target 引数は、Maven バージョン範囲の構文 に続くバージョンサポートを提供するようになりました。これにより、指定されたバージョンに一致するルールセットのみを実行するように MTA が指示されます。例: --target eap:7

警告

JBoss EAP に移行する場合は、必ずバージョンをターゲットに指定してください (例: eap:6)。eap のみを指定すると、移行パスに関連しないものを含め、すべてのバージョンの JBoss EAP にルールセットが実行されます。

ソースプラットフォームに JBoss EAP バージョンに適した Migration Toolkit for Applications「サポートされる移行パス」を参照してください。

A.1.5. パッケージの選択

MTA によって評価されるパッケージのスペース区切りの一覧。この引数を使用することは強く推奨されます。

使用方法

--packages <PACKAGE_1> <PACKAGE_2> <PACKAGE_N>

  • ほとんどの場合、カスタムアプリケーションクラスパッケージの評価にのみ関心があり、標準のJava EE パッケージやサードパーティのパッケージには関心がありません。<PACKAGE_N> 引数はパッケージ接頭辞で、すべてのサブパッケージがスキャンされます。たとえば、パッケージ com.mycustomapp および com.myotherapp をスキャンするには、コマンドラインで --packages com.mycustomapp com.myotherapp 引数を使用します。
  • org.apache などの標準の Java EE サードパーティーソフトウェアにパッケージ名を指定することはできますが、通常は移行作業に影響しないため、追加しないことが推奨されます。
警告

--packages 引数を省略すると、アプリケーションのすべてのパッケージがスキャンされ、パフォーマンスに影響を及ぼす可能性があります。この引数には、1 つ以上のパッケージを指定することが推奨されます。

A.2. サポートされるテクノロジータグ

以下のテクノロジープレビュータグは MTA 5.0.0 でサポートされています。

  • 0MQ Client (組み込み)
  • 3scale (組み込み)
  • Acegi Security (組み込み)
  • AcrIS Security (組み込み)
  • ActiveMQ (組み込み)
  • Airframe (組み込み)
  • Airlift Log Manager (組み込み)
  • AKKA JTA (組み込み)
  • Akka Testkit (組み込み)
  • Amazon SQS Client (組み込み)
  • AMQP Client (組み込み)
  • Anakia (組み込み)
  • AngularFaces (組み込み)
  • ANTLR StringTemplate (組み込み)
  • AOP Alliance (組み込み)
  • Apache Accumulo Client
  • Apache Aries (組み込み)
  • Apache Axis (組み込み)
  • Apache Axis2 (組み込み)
  • Apache Camel (組み込み)
  • Apache Commons JCS (組み込み)
  • Apache Commons Logging (組み込み)
  • Apache Commons Validator (組み込み)
  • Apache CXF (組み込み)
  • Apache Flume (組み込み)
  • Apache Geronimo (組み込み)
  • Apache Hadoop (組み込み)
  • Apache HBase Client
  • Apache Ignite (組み込み)
  • Apache Karaf (組み込み)
  • Apache Log4J (組み込み)
  • Apache Mahout (組み込み)
  • Apache Meecrowave JTA (組み込み)
  • Apache Santuario (組み込み)
  • Apache Shiro (組み込み)
  • Apache Sirona JTA (組み込み)
  • Apache Struts (組み込み)
  • Apache Synapse (組み込み)
  • Apache Tapestry (組み込み)
  • Apache Wicket (組み込み)
  • Apiman (組み込み)
  • Arquillian (組み込み)
  • AspectJ (組み込み)
  • Atomikos JTA (組み込み)
  • Avalon Logkit (組み込み)
  • Axion Driver
  • BabbageFaces (組み込み)
  • Bean Validation
  • BeanInject (組み込み)
  • Blaze (組み込み)
  • Blitz4j (組み込み)
  • BootsFaces (組み込み)
  • Bouncy Castle (組み込み)
  • ButterFaces (組み込み)
  • Cache API (組み込み)
  • Cactus (組み込み)
  • Camel Messaging Client (組み込み)
  • Camunda (組み込み)
  • Cassandra Client
  • CDI
  • CDI (組み込み)
  • Cfg Engine (組み込み)
  • Chunk Templates (組み込み)
  • Cloudera (組み込み)
  • Clustering EJB
  • Clustering Web Session
  • Coherence (組み込み)
  • Common Annotations
  • Composite Logging JCL (組み込み)
  • Concordion (組み込み)
  • Cucumber (組み込み)
  • Dagger (組み込み)
  • DbUnit (組み込み)
  • Debugging Support for Other Languages
  • Decompiled Java File
  • Demoiselle JTA (組み込み)
  • Derby Driver
  • Drools (組み込み)
  • DVSL (組み込み)
  • Dynacache (組み込み)
  • EAR
  • Easy Rules (組み込み)
  • EasyMock (組み込み)
  • EclipseLink (組み込み)
  • EJB
  • EJB XML
  • Ehcache (組み込み)
  • Elasticsearch (組み込み)
  • Enterprise Web Services
  • Entity Bean
  • EtlUnit (組み込み)
  • Everit JTA (組み込み)
  • Evo JTA (組み込み)
  • FreeMarker (組み込み)
  • Geronimo JTA (組み込み)
  • GFC Logging (組み込み)
  • GIN (組み込み)
  • GlassFish JTA (組み込み)
  • Google Guice (組み込み)
  • Grails (組み込み)
  • Grapht DI (組み込み)
  • Guava Testing (組み込み)
  • GWT (組み込み)
  • H2 Driver
  • Hamcrest (組み込み)
  • Handlebars (組み込み)
  • HavaRunner (組み込み)
  • Hazelcast (組み込み)
  • Hdiv (組み込み)
  • Hibernate (組み込み)
  • Hibernate Cfg
  • Hibernate Mapping
  • Hibernate OGM (組み込み)
  • HighFaces (組み込み)
  • HornetQ Client (組み込み)
  • HSQLDB Driver
  • HTTP Client (組み込み)
  • HttpUnit (組み込み)
  • ICEfaces (組み込み)
  • Ickenham (組み込み)
  • Ignite JTA (組み込み)
  • Ikasan (組み込み)
  • iLog (組み込み)
  • Infinispan (組み込み)
  • Injekt for Kotlin (組み込み)
  • Iroh (組み込み)
  • Istio (組み込み)
  • JACC
  • Jamon (組み込み)
  • Jasypt (組み込み)
  • Java EE
  • Java EE Batch
  • Java EE Batch API
  • Java EE JSON-P
  • Java EE Security
  • Java Source
  • Java Transaction API (組み込み)
  • JavaMail
  • Javax Inject (組み込み)
  • JAX-RPC
  • JAX-RS
  • JAX-WS
  • JAXB
  • JAXR
  • JayWire (組み込み)
  • JBehave (組み込み)
  • JBoss Cache (組み込み)
  • JBoss EJB XML
  • JBoss logging (組み込み)
  • JBoss Transactions (組み込み)
  • JBoss Web XML
  • JBossMQ Client (組み込み)
  • JBPM (組み込み)
  • JCA
  • Jcabi Log (組み込み)
  • JCache (組み込み)
  • JCunit (組み込み)
  • JDBC (組み込み)
  • JDBC datasources
  • JDBC XA datasources
  • Jersey (組み込み)
  • Jetbrick Template (組み込み)
  • Jetty (組み込み)
  • JFreeChart (組み込み)
  • JFunk (組み込み)
  • JMock (組み込み)
  • JMockit (組み込み)
  • JMS
  • JMS Connection Factory
  • JMS Queue
  • JMS Topic
  • JMustache (組み込み)
  • JPA
  • JPA entities
  • JPA Matchers (組み込み)
  • JPA named queries
  • JPA XML
  • JSecurity (組み込み)
  • JSF (組み込み)
  • JSF Page
  • JSilver (組み込み)
  • JSON-B
  • JSP Page
  • JSTL (組み込み)
  • JTA
  • Jukito (組み込み)
  • JUnit (組み込み)
  • Ka DI (組み込み)
  • Keyczar (組み込み)
  • Kibana (組み込み)
  • KLogger (組み込み)
  • Kodein (組み込み)
  • Kotlin Logging (組み込み)
  • KouInject (組み込み)
  • KumuluzEE JTA (組み込み)
  • LevelDB Client
  • Liferay (組み込み)
  • LiferayFaces (組み込み)
  • Lift JTA (組み込み)
  • Log.io (組み込み)
  • Log4s (組み込み)
  • Logback (組み込み)
  • Logging to file system
  • Logging to Socket Handler
  • Logging Utils (組み込み)
  • Logstash (組み込み)
  • Lumberjack (組み込み)
  • Macros (組み込み)
  • Manifest
  • MapR (組み込み)
  • Maven XML
  • MckoiSQLDB Driver
  • MEJB
  • Memcached client (組み込み)
  • Message (MDB)
  • Micro DI (組み込み)
  • Microsoft SQL ドライバー
  • MinLog (組み込み)
  • Mixer (組み込み)
  • Mockito (組み込み)
  • MongoDB Client
  • Monolog (組み込み)
  • Morphia
  • MRules (組み込み)
  • Mule (組み込み)
  • Mule Functional Test Framework (組み込み)
  • MultithreadedTC (組み込み)
  • Mycontainer JTA (組み込み)
  • MyFaces (組み込み)
  • MySQL Driver
  • Narayana Arjuna (組み込み)
  • Needle (組み込み)
  • Neo4j (組み込み)
  • NLOG4J (組み込み)
  • Nuxeo JTA/JCA (組み込み)
  • OACC (組み込み)
  • OAUTH (組み込み)
  • OCPsoft Logging Utils (組み込み)
  • OmniFaces (組み込み)
  • OpenFaces (組み込み)
  • OpenPojo (組み込み)
  • OpenSAML (組み込み)
  • OpenWS (組み込み)
  • OPS4J Pax Logging Service (組み込み)
  • Oracle ADF (組み込み)
  • Oracle DB Driver
  • Oracle Forms (組み込み)
  • Orion EJB XML
  • Orion Web XML
  • Oscache (組み込み)
  • OTR4J (組み込み)
  • OW2 JTA (組み込み)
  • OW2 Log Util (組み込み)
  • OWASP CSRF Guard (組み込み)
  • OWASP ESAPI (組み込み)
  • Peaberry (組み込み)
  • Pega (組み込み)
  • Persistence units
  • Petals EIP (組み込み)
  • PicketBox (組み込み)
  • PicketLink (組み込み)
  • PicoContainer (組み込み)
  • Play (組み込み)
  • Play Test (組み込み)
  • Plexus Container (組み込み)
  • Polyforms DI (組み込み)
  • Portlet (組み込み)
  • PostgreSQL Driver
  • PowerMock (組み込み)
  • PrimeFaces (組み込み)
  • Properties
  • Qpid Client (組み込み)
  • RabbitMQ Client (組み込み)
  • RandomizedTesting Runner (組み込み)
  • Resource Adapter (組み込み)
  • REST Assured (組み込み)
  • Restito (組み込み)
  • RichFaces (組み込み)
  • RMI
  • RocketMQ Client (組み込み)
  • Rythm Template Engine (組み込み)
  • SAML (組み込み)
  • Scalate (組み込み)
  • Scaldi (組み込み)
  • Scribe (組み込み)
  • Seam (組み込み)
  • ServiceMix (組み込み)
  • Servlet
  • ShiftOne (組み込み)
  • Silk DI (組み込み)
  • SLF4J (組み込み)
  • Snippetory Template Engine (組み込み)
  • SNMP4J (組み込み)
  • SOAP (SAAJ)
  • Spark (組み込み)
  • Specsy (組み込み)
  • Spock (組み込み)
  • Spring (組み込み)
  • Spring Batch (組み込み)
  • Spring Boot (組み込み)
  • Spring Data (組み込み)
  • Spring Integration (組み込み)
  • Spring Messaging Client (組み込み)
  • Spring MVC (組み込み)
  • Spring Security (組み込み)
  • Spring Test (組み込み)
  • Spring Transactions (組み込み)
  • Spring XML
  • SQLite Driver
  • SSL (組み込み)
  • Stateful (SFSB)
  • Stateless (SLSB)
  • Sticky Configured (組み込み)
  • Stripes (組み込み)
  • SubCut (組み込み)
  • Swagger (組み込み)
  • SwarmCache (組み込み)
  • SwitchYard (組み込み)
  • Syringe (組み込み)
  • Talend ESB (組み込み)
  • Teiid (組み込み)
  • TensorFlow (組み込み)
  • Test Interface (組み込み)
  • TestNG (組み込み)
  • Thymeleaf (組み込み)
  • TieFaces (組み込み)
  • tinylog (組み込み)
  • Tomcat (組み込み)
  • Tornado Inject (組み込み)
  • Trimou (組み込み)
  • Trunk JGuard (組み込み)
  • Twirl (組み込み)
  • Twitter Util Logging (組み込み)
  • UberFire (組み込み)
  • Unirest (組み込み)
  • Unitils (組み込み)
  • Vaadin (組み込み)
  • Velocity (組み込み)
  • Vlad (組み込み)
  • Water Template Engine (組み込み)
  • Web XML
  • WebLogic Web XML
  • Webmacro (組み込み)
  • WebSphere EJB
  • WebSphere EJB Ext
  • WebSphere Web XML
  • WebSphere WS Binding
  • WebSphere WS Extension
  • Weka (組み込み)
  • Weld (組み込み)
  • WF Core JTA (組み込み)
  • Winter (組み込み)
  • WS Metadata
  • WSDL (組み込み)
  • WSO2 (組み込み)
  • WSS4J (組み込み)
  • XACML (組み込み)
  • XFire (組み込み)
  • XMLUnit (組み込み)
  • Zbus Client (組み込み)

A.3. ルールのストーリーポイントについて

A.3.1. ストーリーポイントとは

ストーリーポイント は、アジャイルソフトウェア開発で一般的に使用される抽象メトリクスで、機能や変更を実装するのに必要な 作業量 を予測します。

Migration Toolkit for Applications はストーリーポイントを使用して、特定のアプリケーションコンストラクトとアプリケーション全体を移行するために必要な作業のレベルを表現します。必ずしも工数に変換される訳ではありませんが、この値はタスク全体で一貫性を持たせる必要があります。

A.3.2. ルールにおけるストーリーポイントの見積方法

ルールのストーリーポイントの作業レベルを見積もることは複雑です。以下は、ルールに必要な作業レベルを見積もる際に MTA が使用する一般的なガイドラインです。

作業レベルストーリーポイント説明

Information

0

移行の優先度が非常に低いか、優先度のない情報警告。

Trivial

1

移行は、些細な変更または単純なライブラリースワップであり、API の変更はないか、最小限となります。

Complex

3

移行タスクに必要な変更は複雑ですが、解決策が文書化されています。

Redesign

5

移行タスクでは、API が大幅に変更され、再設計または完全なライブラリーの変更が必要になります。

Rearchitecture

7

移行には、コンポーネントまたはサブシステムの完全な再アーカイブが必要です。

Unknown

13

移行ソリューションは不明なため、完全な再書き込みが必要になる場合があります。

A.3.3. タスクカテゴリー

作業量レベルに加えて、移行タスクを分類してタスクの重大度を示すことができます。移行作業の優先順位付けに役立つ問題をグループ化するために、以下のカテゴリーが使用されます。

Mandatory
移行を成功させるには、タスクを完了する必要があります。変更が行われないと、生成されるアプリケーションはビルドまたは実行に成功しません。たとえば、ターゲットプラットフォームでサポートされないプロプライエタリー API の置き換え例が含まれます。
Optional
移行タスクが完了しない場合、アプリケーションは動作しますが、結果が最適とは限りません。移行時に変更が行われない場合は、移行の完了後すぐにスケジュールに配置することが推奨されます。これには、EJB 2.x コードの EJB 3 へのアップグレードが挙げられます。
Potential
移行プロセス中にタスクを調べる必要がありますが、移行を成功させるためにタスクが必須かどうかを判断するのに十分な詳細情報がありません。これの例は、直接互換性のあるタイプがないサードパーティーのプロプライエタリタイプの移行です。
Information
タスクは、特定のファイルの存在を通知するために含まれています。これらは、モダライゼーション作業の一部として検証または変更する必要がある場合がありますが、通常は変更が必要ありません。これには、ロギング依存関係または Maven pom.xml があります。

タスクの分類に関する詳細は、『ルール開発ガイド』「カスタムルールカテゴリーの使用」を参照してください。

A.4. 関連資料

A.4.1. 関わること

Migration Toolkit for Applications が、自分のものを含むほとんどのアプリケーション構成とサーバー構成に対応できるように、以下の項目のいずれかを支援できます。

  • jboss-migration-feedback@redhat.com にメールを送信し、MTA 移行ルールが対象とすべき内容をご連絡ください。
  • 移行ルールをテストするためのアプリケーションの例を指定します。
  • 移行が困難なアプリケーションコンポーネントおよび問題エリアを特定します。

    • これらの問題移行エリアについて簡単な説明を記入します。
    • 問題移行領域を解決する方法を説明する簡単な概要を記述します。
  • アプリケーションで Migration Toolkit for Applications を試行します。発生している問題を必ず報告してください。
  • Migration Toolkit for Applications ルールリポジトリーへの貢献。

    • Migration Toolkit for Applications ルールを記述して、移行プロセスを識別または自動化します。
    • 新規ルールのテストを作成します。
    • 詳細は、『ルール開発ガイド』を参照してください。
  • プロジェクトのソースコードへの貢献。

    • コアルールを作成します。
    • MTA のパフォーマンスまたは効率が向上します。
    • 環境の設定およびプロジェクトの設定方法に関する詳細は、『Core Development Guide』を参照してください。

あらゆるレベルの貢献が大きく評価されます。

A.4.3. MTA の問題の報告

Migration Toolkit for Applications は、問題追跡システムとして JIRA を使用します。MTA の実行で問題が発生した場合は、JIRA Issue を作成してください。

注記

JIRA ユーザーアカウントがない場合は、JIRA の課題を作成するためにアカウントを作成する必要があります。

A.4.3.1. JIRA 問題の作成

  1. ブラウザーを開き、JIRA Create issue ページに移動します。

    ログインしていない場合は、ページの右上にある Log In リンクをクリックし、認証情報を入力します。

  2. 以下のオプションを選択し、Next ボタンをクリックします。

    • プロジェクト

      コア MTA の問題の場合は、Migration Toolkit for Applications (WINDUP) を選択します。

      MTA ルールの問題は、Migration Toolkit for Applications rules (WINDUPRULE) を選択します。

    • 問題のタイプ: バグ
  3. 次の画面では、以下のフィールドを入力します。

    • Summary: 問題または問題の簡単な説明を入力します。
    • Environment: オペレーティングシステム、Java のバージョン、およびその他の関連情報の詳細を指定します。
    • Description: 問題の詳細情報を指定します。ログと例外トレースを必ず含めてください。
    • Attachment: 問題を生じるアプリケーションまたはアーカイブに機密情報が含まれておらず、MTA 開発チームと共有する場合は、browse ボタンを使用して問題を添付します。
  4. Create ボタンをクリックして JIRA の問題を作成します。





改訂日時: 2020-09-01 19:12:59 AEST

法律上の通知

Copyright © 2020 Red Hat, Inc.
The text of and illustrations in this document are licensed by Red Hat under a Creative Commons Attribution–Share Alike 3.0 Unported license ("CC-BY-SA"). An explanation of CC-BY-SA is available at http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/. In accordance with CC-BY-SA, if you distribute this document or an adaptation of it, you must provide the URL for the original version.
Red Hat, as the licensor of this document, waives the right to enforce, and agrees not to assert, Section 4d of CC-BY-SA to the fullest extent permitted by applicable law.
Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Shadowman logo, the Red Hat logo, JBoss, OpenShift, Fedora, the Infinity logo, and RHCE are trademarks of Red Hat, Inc., registered in the United States and other countries.
Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the United States and other countries.
Java® is a registered trademark of Oracle and/or its affiliates.
XFS® is a trademark of Silicon Graphics International Corp. or its subsidiaries in the United States and/or other countries.
MySQL® is a registered trademark of MySQL AB in the United States, the European Union and other countries.
Node.js® is an official trademark of Joyent. Red Hat is not formally related to or endorsed by the official Joyent Node.js open source or commercial project.
The OpenStack® Word Mark and OpenStack logo are either registered trademarks/service marks or trademarks/service marks of the OpenStack Foundation, in the United States and other countries and are used with the OpenStack Foundation's permission. We are not affiliated with, endorsed or sponsored by the OpenStack Foundation, or the OpenStack community.
All other trademarks are the property of their respective owners.