第11章 Web サービスサポート

11.1. JBossWS

JBoss Enterprise Service Bus には、Web サービスのエンドポイントを公開し呼び出すためのコンポーネントを複数あります。
  1. SOAPProcessor アクションにより、JBossWS 2.x 以降の Web サービスエンドポイントを、ESB 上で稼働しているリスナーより公開することができます。これは、独自の Web サービスを提供しないサービスでも公開が可能です。
    SOAPProcessor アクションは SOAP on the bus とも呼ばれます。
  2. SOAPClient アクションにより、Web サービスエンドポイント上で呼び出しができます。
    SOAPClient アクションは SOAP off the bus と呼ばれる場合もあります。

注記

これらのコンポーネントについて学習するには、サービスガイドを参照してください。このガイドには、設定方法が詳細にわたり記載されています。configure them.
このトピックに関する情報は、JBoss ESB に同梱されている "Wiki" にもあります。JBossESB は現在、JBossWS-Native と JbossWS-CXF スタックの両方をサポートしています。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。