11.2.3. ヒューマンタスクビュー

ヒューマンタスクビューは、実行中のヒューマンタスクサービスに接続して、特定のユーザーに該当するタスクを依頼することができます (ユーザーが Potential Owner のタスク、またはユーザーが請求したタスク/実行中のタスク)。その後、これらのタスクのライフサイクルを実施できます (タスクの請求、解放、実行タスクの開始、停止、タスクの完了など)。
ヒューマンタスクビューワーを開くには、WindowShow ViewOther を選択して、jBPM TaskHuman Task View を選びます。
接続先のタスクサービスを設定するには、WindowPreferencesDrools Tasks を選択して、IP アドレス、ポート、言語を入力します。

例11.3 ヒューマンタスクビューのサンプル

ヒューマンタスクビューのサンプル