7.2.2. セーフポイント

プロセスインスタンスのステータスは、プロセス実行中のセーフポイントで保存されます。セーフポイントは、プロセスインスタンスが完了/中断した時点、または実行中の全並行パスで待機状態に到達した時点で発生します。プロセスインスタンスがセーフポイントで永続的に保存されると、プロセスインスタンスの現在のステータスや影響を受ける可能性のあるその他のプロセスインスタンスすべてが保存されます。