5.4.2. jPDL 3.2 から BPMN2 への移行

重要

jPDL 3.2 から BPMN2 への移行ツールは実験的な機能で、ユーザーがこの機能を有効化する必要があります。Red Hat は jPDL 3.2 移行ツールのサポートはしていません。

手順5.2 jPDL 3.2 移行ツールの有効化

  1. サーバーを停止します。
  2. server/profile/deploy/designer.war/profiles/ ディレクトリから jbpm.xml を探します。
  3. JPDL 移行プラグインツールのエントリから以下のコメントタグを削除します。
         	            <!-- plugin name="ORYX.Plugins.JPDLMigration"/ -->
    
  4. コメントタグを削除した状態で、このファイルを保存します。
         	            <plugin name="ORYX.Plugins.JPDLMigration"/>
    
  5. サーバーを再起動します。
  6. JBoss BRMS ユーザーインターフェースにログインして、プロセスデザイナーに移動します。jPDL 移行ツールボタンがプロセスデザイナーのユーザーインターフェースに追加されています。
    jPDL 移行ツール

    図5.1 jPDL 移行ツール