8.2.2. Business Central コンソールの設定

管理コンソールは、jboss-as/server/profile/deploy/business-central-server.war/WEB-INF/classes/ ディレクトリの jbpm.console.properties ファイルで設定されています。このファイルでは以下のプロパティが設定されています。

注記

以下に記載のプロパティがすべて jbpm.console.properties ファイルにデフォルトで含まれているわけではありません。
  • jbpm.console.server.host (デフォルト localhost)
  • jbpm.console.server.port (デフォルト 8080)
  • jbpm.console.task.service.host (デフォルト localhost)。タスクサーバーがデプロイされるホストは全トランスポートに適用されます。
  • jbpm.console.tmp.dir: 直近に使用した永続セッションのセッション ID を格納する jbpmSessionId.ser ファイルの場所を設定する際に使用する任意のプロパティ
  • jbpm.console.task.service.port: タスクサーバーがデプロイされるポート (HornetQ を使用している場合は 5446)
  • jbpm.console.task.service.strategy (デフォルト HornetQ)
  • JMSTaskClient.connectionFactory (デフォルトなし): JMS のみを対象とする接続ファクトリの JNDI 名
  • JMSTaskClient.acknowledgeMode (デフォルトなし): JMS のみを対象とする応答確認 (AM) モード
  • JMSTaskClient.transactedQueue (デフォルトなし): JMS のみを対象とするトランザクションキューの名前
  • JMSTaskClient.queueName (デフォルトなし): JMS のみを対象とするキューの名前
  • JMSTaskClient.responseQueueName (デフォルトなし): JMS のみを対象とする応答キューの名前
  • guvnor.protocol (デフォルト http)
  • guvnor.host (デフォルト localhost:8080)
  • guvnor.subdomain (デフォルト drools-guvnor)
  • guvnor.usr (デフォルト admin)
  • guvnor.pwd (デフォルト admin)
  • guvnor.packages (Guvnor からロードするパッケージをコンマで区切った一覧。パッケージが指定されていない場合は、全パッケージが表示されます。表示対象のパッケージが指定されている場合は、指定のパッケージのみが表示されることを忘れないでください)。
  • guvnor.connect.timeout (デフォルト 10000)
  • guvnor.read.timeout (デフォルト 10000)
  • guvnor.snapshot.name (デフォルト LATEST): 使用するスナップショットを指定する任意のプロパティです。

注記

このファイルに含まれるパスワードとユーザー名は、jboss-as/server/production/deploy/jboss-brms.war/WEB-INF/components.xml の認証情報と一致する必要があります。認証情報がどちらか一方で変更された場合、どちらの場所にある情報も変更する必要があります。
コンソールの複数のインスタンスやコンソールにアタッチされているプロセスエンジンが永続データベースで同じデータを共有できるようにするため、Business Central コンソールのクラスタリングが可能です。コンソールのクラスタリングをすると、クラスター全体に利用可能なプロセスを拡張し、クラスター内のノードに問題が発生した場合でもフェールオーバーが必ず行われるようにします。詳細は 『BRMS スタートガイド』を参照してください。