7.3.2. 依存関係の追加

以下のパッケージは、手動の永続性設定が必要です。
  • JBoss BRMS 5.3 デプロイ可能パッケージ
  • データベースベンダーの JDBC ドライバー
  • トランザクションマネージャー
必要な依存パッケージを手動で追加するには、BRMS 5.3 デプロイ可能アーカイブに同梱されている jboss-jbpm-engine.zip アーカイブから必要な jar ファイルをコピーして、アプリケーションクラスパスで利用できるようにします。
JTA ベースのトランザクションマネージャーに Bitronix を、H2 in-memory データベースを使用する JPA 永続性プロバイダーとして Hibernate を組み合わせて使用する場合、以下の jar ファイルが必要です。

注記

以下のリストは例示のみを目的としています。サポート範囲の設定については、http://www.redhat.com/resourcelibrary/articles/jboss-enterprise-brms-supported-configurations のサイトでご覧ください。
  • jbpm-test
  • jbpm-persistence-jpa
  • drools-persistence-jpa
  • persistence-api
  • hibernate-entitymanager
  • hibernate-annotations
  • hibernate-commons-annotations
  • hibernate-core
  • commons-collections
  • dom4j
  • jta
  • btm
  • javassist
  • slf4j-api
  • slf4j-jdk14
  • h2