Menu Close

4.3.4. Seam 2.2 Booking アーカイブの JBoss Enterprise Application 6 への移行: 手順説明

本書は Seam 2.2 Booking アプリケーションアーカイブを JBoss Enterprise Application Platform 5.1 から JBoss Enterprise Application Platform 6 へ移植する方法について説明するステップバイステップガイドとなります。アプリケーションの移行により適した方法が存在しますが、アプリケーションアーカイブをそのまま JBoss Enterprise Application Platform 6 のサーバーへデプロイし、どうなるか結果を見たいと思っている開発者も多くいるはずです。本書の目的は、アプリケーションアーカイブをそのままデプロイすると発生する可能性のある問題やそのデバッグ方法および解決方法について解説することにあります。
この例ではアプリケーション EAR は EAP6_HOME/standalone/deployments ディレクトリにデプロイされ、変更はアーカイブの変更のみとなります。これにより、問題の発生や解決時にアーカイブ内にある XML ファイルの変更が容易になります。

重要

この例は、最初にアプリケーションを JBoss Enterprise Application Platform 6 上で実行できるようにすることを目的としています。この設定はサポート対象ではなく、Hibernate 4 を使用するよう次の手順でアプリケーションをアップグレードする必要があります。

手順4.14 アプリケーションの移行

  1. 「Seam 2.2 Booking アーカイブのデプロイメントエラーや例外のデバッグおよび解決」 に従ってデプロイメントエラーや例外のデバッグおよび解決を行います。
  2. 「Seam 2.2 Booking アーカイブのランタイムエラーや例外のデバッグおよび解決」 に従ってランタイムエラーや例外のデバッグおよび解決を行います。
この時点で URL http://localhost:8080/seam-booking/ をブラウザーで指定してアプリケーションにアクセスすることができます。demo/demo でログインすると Booking のウェルカムページが表示されます。
変更概要の確認

「Seam 2.2 Booking アプリケーションの移行時に加えられる変更概要の確認」 に従って変更の概要を確認します。