Menu Close

4.2.7. JBoss Seam のデバッグページエラーのデバッグと解決

アプリケーションを移行し、正常にデプロイした後、JBoss Seam デバッグページへリダイレクトされるランタイムエラーが発生することがあります。このページの URL は http://localhost:8080/APPLICATION_CONTEXT/debug.seam です。このページでは、現在のログインセッションに関連する Seam コンテキストで Seam コンポーネントを確認したり調査することができます。
JBoss Seam デバッグページ

図4.1 JBoss Seam デバッグページ

このページへリダイレクトされる原因は、アプリケーションコードで処理されなかった例外を Seam がキャッチしたためであることがほとんどです。通常、「JBoss Seam デバッグページ」上のリンクで例外の根本的な原因を見つけることができます。

手順4.11

  1. このページの Component セクションを拡大し、org.jboss.seam.caughtException コンポーネントを探します。
  2. 原因とスタックトレースが欠落している依存関係を示しているはずです。
    コンポーネント org.jboss.seam.caughtException の情報

    図4.2 コンポーネント org.jboss.seam.caughtException の情報

  3. 「ClassNotFoundExceptions および NoClassDefFoundErrors のデバッグと解決」 に説明されている手法を使用してモジュール依存関係を解決します。
    上記の例では、org.slf4jMANIFEST.MF に追加するのが最も簡単な解決方法になります。
    Manifest-Version: 1.0
    Dependencies: org.slf4j
    
    モジュールの依存関係を jboss-deployment-structure.xml ファイルに追加して解決する方法もあります。
    <jboss-deployment-structure>
       <deployment>
            <dependencies>
              <module name="org.slf4j" />
            </dependencies>
        </deployment>
    </jboss-deployment-structure>