1.2. JBoss Enterprise Application Platform 6 の新しい機能と変更された機能

表1.1 6.0.1 機能

機能 説明
Java 証明書 Java Enterprise Edition 6 Full Profile および Web Profile 仕様の認定実装
管理ドメイン
  • 複数のサーバーインスタンスおよび物理ホストを一元管理し、スタンドアローンサーバーで単一のサーバーインスタンスを使用することを可能にします。
  • 設定、デプロイメント、ソケットバインディング、モジュール、拡張、システムプロパティはすべて、サーバーグループ別に管理されます。
  • セキュリティードメインなどのアプリケーションセキュリティーは、設定を簡素化できるよう一元管理されています。
管理コンソールおよび管理 CLI ドメインまたはスタンドアロンサーバーを管理するために新しいインターフェースが提供されます。XML 設定ファイルを手動で編集する必要がなくなります。また、管理 CLI は、管理タスクをスクリプティングおよび自動化できるバッチモードを提供します。
単純化されたディレクトリーレイアウト 共通のサーバー固有 lib/ ディレクトリーを使用する代わりに、modules/ ディレクトリーに、アプリケーションサーバーモジュールが含まれます。domain/ および standalone/ ディレクトリーには、ドメインおよびスタンドアロンデプロイメント用のアーティファクトおよび設定ファイルが含まれます。
モジュラークラスローディングメカニズム モジュールをオンデマンドでロードおよびアンロードすると、パフォーマンスとセキュリティーの利点が提供され、起動および再起動の時間が短縮されます。
簡略化されたデータソース管理 データベースドライバーは他のサービスと同様にデプロイされます。また、データソースは、管理コンソールまたは管理 CLI で直接作成および管理されます。
起動および停止時間の短縮 JBoss Enterprise Application Platform 6 は少ないリソースを使用するため、システムリソースが非常に効率的に使用されます。これは開発者にとって特に有利です。