4.6. インストールの構造および詳細

JBoss Enterprise Application Platform 6 には、以前のバージョンと比べて単純なディレクトリー構造が含まれます。ディレクトリー構造のリストと、ディレクトリーの内容の説明は以下のとおりです。

表4.3 最上位のディレクトリとファイル

名前 目的
appclient/ アプリケーションクライアントコンテナの設定詳細が含まれます。
bin/ Red Hat Enterprise Linux および Microsoft Windows 用 JBoss Enterprise Application Platform 6 向け起動スクリプトが含まれます。
bundles/ JBoss Enterprise Application Platform 6 の内部機能に関する OSGi バンドルが含まれます。
docs/ ライセンスファイル、スキーマ、およびサンプル
domain/ JBoss Enterprise Application Platform 6 が管理対象ドメインとして実行された時に使用される設定ファイル、デプロイメントコンテンツ、および書き込み可能領域。
modules/ サービスが要求したときに JBoss Enterprise Application Platform 6 により動的にロードされるモジュール。
standalone/ JBoss Enterprise Application Platform 6 がスタンドアローンサーバーとして実行された場合に使用される設定ファイル、デプロイメントコンテンツ、および書き込み可能領域。
welcome-content/ デフォルトインストールのポート 8080 で利用可能な Welcome Web アプリケーションにより使用されるコンテンツが含まれます。
jboss-modules.jar
モジュールをロードするブートストラップメカニズム。

表4.4 domain/ ディレクトリーにあるディレクトリー

名前 目的
configuration/ 管理ドメイン用の設定ファイル。これらのファイルは管理コンソールや管理 CLI で変更し、直接編集するためのものではありません。
data/ デプロイされたサービスの情報。サービスは、デプロイメントスキャナーではなく、管理コンソールや管理 CLI を使用してデプロイするため、このディレクトリーにファイルを手動で置かないようにしてください。
log/ ローカルインスタンスで実行されるホストおよびプロセスコントローラー用実行時ログファイルが含まれます。
servers/ ドメイン内の各サーバーインスタンス用の同等の data/log/、および tmp/ ディレクトリーが含まれます。これらのディレクトリーには、最上位の domain/ ディレクトリー内の同じディレクトリーに類似したデータが含まれます。
tmp/ 管理対象ドメインに対してローカルユーザーを認証するために管理 CLI で使用される共有キーメカニズムに関するファイルなどの一時データが含まれます。

表4.5 standalone/ ディレクトリーにあるディレクトリー

名前 目的
configuration/ スタンドアローンサーバー用の設定ファイル。これらのファイルは管理コンソールや管理 CLI で変更し、直接編集するためのものではありません。
deployments/ デプロイしたサービスの情報。スタンドアローンサーバーには、デプロイメントスキャナーが含まれているため、このディレクトリにデプロイ用のアーカイブを置くことができます。しかし、管理コンソールあるいは管理 CLI を使いデプロイメントを管理する方法が推奨されます。
lib/ スタンドアローンサーバーモードに関連する外部ライブラリ。デフォルトは空です。
tmp/ サーバーに対してローカルユーザーを認証するために管理 CLI で使用される共有キーメカニズムに関連するファイルなどの一時データが含まれます。