4.2. インストーラーを使用した JBoss Enterprise Application Platform 6 のインストール

概要

JBoss Enterprise Application Platform 6 インストーラでは、複数のインストール方法が提供されます。標準的なグラフィカルユーザーインターフェース (GUI) インストールまたはコマンドラインインターフェース (CLI) モード (コンソールパラメーターを使用) を選択します。自動インストールモードを使用すると、将来のインストールに役に立つ、選択されたインストール設定の XML ファイルを生成できます。

手順4.1 タスク

  • JBoss Enterprise Application Platform 6 のインストール

    インストール方法を選択します。
    • GUI インストール

      1. 次の Java コマンドを実行して GUI インストーラーを起動します。
        java -jar jboss-eap-6.0.0-installer.jar
      2. インストールの指示に従います。インストールの最後に、将来、自動インストール機能で使用するインストールの XML ファイルを生成できます。
    • コンソールによるインストール

      1. 次の Java コマンドを実行してコンソールインストーラーを起動します。
        java -jar jboss-eap-6.0.0-installer.jar -console
      2. インストールの指示に従います。インストールの最後に自動インストール機能に使用するインストールの XML ファイルが生成されます。
    • 自動インストール

      1. 以前にインストールインスタンスを作成した場合は、自動インストール XML スクリプトが生成されています。このファイルを使用して自動インストールオプションを実行できます。
      2. 次の Java コマンドを実行して自動インストーラーを起動します。
        java -jar jboss-eap-6.0.0-installer.jar NameOfXML.xml
      3. XML ファイルの値に従って、インストールが完了します。
結果

インストールが完了します。