9.11.2. 機密性が高い文字列を格納する Java キーストアの作成

前提条件

  • keytool コマンドを使用出来る必要があります。これは Java Runtime Environment (JRE) により提供されます。このファイルのパスを見つけます。Red Hat Enterprise Linux では、これは /usr/bin/keytool にインストールされます。

手順9.14 タスク

  1. キーストアと他の暗号化された情報を格納するディレクトリーを作成します。

    キーストアと他の重要な情報を保持するディレクトリーを作成します。この残りの手順では、ディレクトリーが /home/USER/vault/ であることを前提とします。
  2. keytool で使用するパラメーターを決定します。

    以下のパラメーターを決定します。
    alias
    エイリアスは資格情報コンテナまたはキーストアに格納された他のデータの一意の ID です。この手順の最後にあるコマンド例のエイリアスは vault です。エイリアスは大文字と小文字を区別します。
    keyalg
    暗号化に使用するアルゴリズム。デフォルト値は DSA です。この手順の例では RSA です。利用可能な他の選択肢については、JRE およびオペレーティングシステムのドキュメンテーションを参照してください。
    keysize
    暗号化キーのサイズにより、ブルート フォース攻撃により復号化する困難さが影響を受けます。キーのデフォルトサイズは 1024 です。これは 512 〜 1024 の範囲にあり、64 の倍数である必要があります。この手順の例では 1024 を使用します。
    keystore
    暗号化された情報と暗号化方法に関する情報を保持するデータベースのキーストア。キーストアを指定しない場合、使用するデフォルトのキーストアはホームディレクトリーの .keystore という名前のファイルです。これは、キーストアにデータを初めて追加したときに作成されます。この手順の例では、vault.keystore キーストアを使用します。
    keystore コマンドには他の多くのオプションがあります。詳細については、JRE またはオペレーティングシステムのドキュメンテーションを参照してください。
  3. keystore コマンドが尋ねる質問の回答を決定します。

    keystore は、キーストアエントリに値を入力するために次の情報を必要とします。
    キーストアパスワード
    キーストアを作成する場合は、パスワードを設定する必要があります。将来キーストアを使用するために、パスワードを提供する必要があります。覚えやすい強度の高いパスワードを作成します。キーストアは、パスワードや、キーストアが存在するファイルシステムおよびオペレーティングシステムのセキュリティーと同程度にセキュアです。
    キーパスワード (任意設定)
    キーストアパスワードに加え、保持する各キーにパスワードを指定することが可能です。このようなキーを使用するには、使用するたびにパスワードを提供する必要があります。通常、このファシリティーは使用されません。
    名前 (名) と 名字 (姓)
    この情報と一覧の他の情報は、一意にキーを識別して他のキーの階層に置くのに役立ちます。名前である必要はありませんが、キーに一意な 2 つの言葉である必要があります。この手順の例では、Enterprise Application Platform Vault を使用します。これが証明書のコモンネームになります。
    組織単位
    証明書を使用する人物を特定する単一の言葉です。アプリケーションユニットやビジネスユニットである場合もあります。この手順の例では enterprise_application_platform を使用します。通常、1 つのグループやアプリケーションによって使用されるキーストアはすべて同じ組織単位を使用します。
    組織
    通常、所属する組織名を表す単一の言葉になります。一般的に、1 つの組織で使用されるすべての証明書で同じになります。この例では acme を使用します。
    市または自治体
    お住まいの市名。
    州または県
    お住まいの州や県、または同等の行政区画
    2 文字の国コード
    これらすべての情報によってキーストアや証明書の階層が作成され、一貫性のある一意な名前付け構造が確実に使用されるようにします。
  4. keytool コマンドを実行し、収集した情報を提供します。

    例9.25 keystore コマンドの入出力例

    $ keytool -genkey -alias vault -keyalg RSA -keysize 1024 -keystore /home/USER/vault/vault.keystore
    Enter keystore password: vault22 
    Re-enter new password:vault22 
    What is your first and last name?
      [Unknown]:  Enterprise Application Platform vault
    What is the name of your organizational unit?
      [Unknown]:  enterprise_application_platform
    What is the name of your organization?
      [Unknown]:  acme
    What is the name of your City or Locality?
      [Unknown]:  raleigh
    What is the name of your State or Province?
      [Unknown]:  nc
    What is the two-letter country code for this unit?
      [Unknown]:  us
    Is CN=Enterprise Application Platform vault, OU=enterprise_application_platform, O=acme, L=raleigh, ST=nc, C=us correct?
      [no]:  yes
    
    Enter key password for <vault>
            (RETURN if same as keystore password):
    
結果

/home/USER/vault/ ディレクトリに vault.keystore という名前のファイルが作成されます。Enterprise Application Platform のパスワードなど、暗号化された文字列を格納するため使用される vault という 1 つのキーがこのファイルに保存されます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。