11.6.12. アプリケーションでのセキュリティードメインの使用

概要

アプリケーションでセキュリティードメインを使用するには、最初にサーバーの設定でセキュリティードメインを定義し、アプリケーションのデプロイメント記述子でアプリケーションに対して有効にする必要があります。その後、使用する EJB に必要なアノテーションを追加する必要があります。ここでは、アプリケーションでセキュリティードメインを使用するために必要な手順について取り上げます。

警告

アプリケーションが、認証キャッシュを使用するセキュリティードメインの一部である場合、セキュリティードメインの他のアプリケーションもそのアプリケーションのユーザー認証を使用できます。

手順11.6 セキュリティードメインを使用するようアプリケーションを設定

  1. セキュリティードメインの定義

    サーバーの設定ファイルでセキュリティードメインを定義した後、アプリケーションの記述子ファイルでアプリケーションに対して有効にする必要があります。
    1. サーバーの設定ファイルへセキュリティードメインを設定

      セキュリティードメインは、サーバーの設定ファイルの security サブシステムに設定されます。JBoss EAP 6 インスタンスが管理対象ドメインで実行されている場合、domain/configuration/domain.xml ファイルになります。JBoss EAP 6 インスタンスがスタンドアロンサーバーとして実行されている場合は standalone/configuration/standalone.xml ファイルになります。
      otherjboss-web-policy、および jboss-ejb-policy セキュリティードメインはデフォルトとして JBoss EAP 6 に提供されます。次の XML の例は、サーバーの設定ファイルの security サブシステムよりコピーされました。
      セキュリティードメインの cache-type 属性は、高速な認証チェックを行うためにキャッシュを指定します。簡単なマップをキャッシュとして使用する default か、Infinispan キャッシュを使用する infinispan を値として使用できます。
      <subsystem xmlns="urn:jboss:domain:security:1.2">
          <security-domains>
              <security-domain name="other" cache-type="default">
                  <authentication>
                      <login-module code="Remoting" flag="optional">
                          <module-option name="password-stacking" value="useFirstPass"/>
                      </login-module>
                      <login-module code="RealmDirect" flag="required">
                          <module-option name="password-stacking" value="useFirstPass"/>
                      </login-module>
                  </authentication>
              </security-domain>
              <security-domain name="jboss-web-policy" cache-type="default">
                  <authorization>
                      <policy-module code="Delegating" flag="required"/>
                  </authorization>
              </security-domain>
              <security-domain name="jboss-ejb-policy" cache-type="default">
                  <authorization>
                      <policy-module code="Delegating" flag="required"/>
                  </authorization>
              </security-domain>
          </security-domains>
      </subsystem>
      管理コンソールまたは CLI を使用して、追加のセキュリティードメインを必要に応じて設定できます。
    2. アプリケーションの記述子ファイルでのセキュリティードメインの有効化

      セキュリティードメインはアプリケーションの WEB-INF/web.xml ファイルにある <jboss-web> 要素の <security-domain> 子要素に指定されます。次の例は my-domain という名前のセキュリティードメインを設定します。
      <jboss-web>
          <security-domain>my-domain</security-domain>
      </jboss-web>
      これが WEB-INF/jboss-web.xml 記述子に指定できる多くの設定の 1 つになります。
  2. EJB への必要なアノテーションの追加

    @SecurityDomain および @RolesAllowed アノテーションを使用してセキュリティーを EJB に設定します。次の EJB コードの例は、guest ロールのユーザーによる other セキュリティードメインへのアクセスを制限します。
    package example.ejb3;
    
    import java.security.Principal;
    
    import javax.annotation.Resource;
    import javax.annotation.security.RolesAllowed;
    import javax.ejb.SessionContext;
    import javax.ejb.Stateless;
    
    import org.jboss.ejb3.annotation.SecurityDomain;
    
    /**
     * Simple secured EJB using EJB security annotations
     * Allow access to "other" security domain by users in a "guest" role.
     */
    @Stateless
    @RolesAllowed({ "guest" })
    @SecurityDomain("other")
    public class SecuredEJB {
    
       // Inject the Session Context
       @Resource
       private SessionContext ctx;
    
       /**
        * Secured EJB method using security annotations
        */
       public String getSecurityInfo() {
          // Session context injected using the resource annotation
          Principal principal = ctx.getCallerPrincipal();
          return principal.toString();
       }
    }
    その他のコード例は、Red Hat カスタマーポータルより入手できる JBoss EAP 6 Quickstarts バンドルの ejb-security クイックスタートを参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。