10.2.3. 管理コンソールを使用してデプロイされたアプリケーションを無効化

手順10.2 管理コンソールを使用してデプロイされたアプリケーションを無効化

    1. コンソールの上部より Runtime タブを選択します。
      • 管理対象ドメインの場合は、Domain メニューを展開します。
      • スタンドアロンサーバーの場合は、Server メニューを展開します。
    2. Manage Deployments を選択します。
  1. アプリケーションを無効化する方法は、スタンドアロンサーバーインスタンスと管理対象ドメインのどちらにデプロイするかどうかによって異なります。
    • スタンドアロンサーバーインスタンスにデプロイされたアプリケーションを無効化

      Available Deployments の表には、利用可能なすべてのアプリケーションデプロイメントとそれらの状態が表示されます。
      1. 無効にするアプリケーションを選択します。En/Disable をクリックし、選択したアプリケーションを無効にします。
      2. Confirm をクリックし、サーバーインスタンスでアプリケーションを無効にすることを確定します。
    • 管理対象ドメインでのデプロイされたアプリケーションの無効化

      Manage Deployments Content 画面には Content Repository タブが含まれます。Available Deployment Content の表には、利用可能なすべてのアプリケーションデプロイメントとそれらの状態が表示されます。
      1. Server Groups タブを選択して、サーバーグループとデプロイされたアプリケーションの状態を表示します。
      2. アプリケーションをアンデプロイするサーバーの名前を Server Group の表から選択します。View をクリックしてアプリケーションを確認します。
      3. アプリケーションを選択し、En/Disable をクリックして選択したサーバーのアプリケーションを無効にします。
      4. Confirm をクリックし、サーバーインスタンスでアプリケーションを無効にすることを確定します。
      5. 必要に応じて、他のサーバーグループにも同じ手順を繰り返します。Group Deployments の表の各サーバーグループに対してアプリケーションの状態が確定されます。
結果

該当のサーバーあるいはサーバーグループからアプリケーションがアンデプロイされます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。