11.9.3. サポートされる認証スキーム

ロールベースアクセス制御は、JBoss EAP 6.3 に含まれる標準の認証プロバイダーと動作します。標準の認証プロバイダーは username/passwordclient certificate、および local user です。
Username/Password

ユーザーはユーザー名とパスワードの組み合わせを使用して認証されます。この組み合わせは、mgmt-users.properties ファイルまたは LDAP サーバーに対して検証されます。
Client Certificate

トラストストアを使用します。
Local User

同じマシン上で実行されているサーバーの場合、jboss-cli.sh は自動的に Local User として認証します。デフォルトでは、Local User は SuperUser グループのメンバーになります。
使用されるプロバイダーに関係なく、JBoss EAP はロールをユーザーに割り当てます。しかし、mgmt-users.properties ファイルまたは LDAP サーバーで認証する場合、これらのシステムはユーザーグループ情報を提供できます。ユーザーグループ情報は、ロールをユーザーに割り当てるために JBoss EAP が使用することも可能です。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。