2.4.5. 以前の設定でのサーバーの起動

以下の例は、standalone.xml を使用してスタンドアロンサーバーの以前の設定でアプリケーションサーバーを起動する方法を示しています。同じコンセプトは、domain.xmlhost.xml のそれぞれを使用した管理対象ドメインに適用されます。
この例では、管理操作によってサーバーモデルが変更される場合にアプリケーションサーバーにより自動的に保存される以前の設定が呼び出されます。
  1. 起動するバックアップバージョンを特定します。この例では、正常な起動後に最初加えられた変更前のサーバーモデルのインスタンスが再度呼び出されます。
    EAP_HOME/standalone/configuration/standalone_xml_history/current/standalone.v1.xml
  2. jboss.server.config.dir 下で相対ファイル名を渡し、バックアップモデルのこの設定を用いてサーバーを起動します。
    EAP_HOME/bin/standalone.sh --server-config=standalone_xml_history/current/standalone.v1.xml
結果

アプリケーションサーバーが、選択された設定で起動されます。

注記

ドメイン設定の履歴は、EAP_HOME/domain/configuration/domain_xml_history/current/domain.v1.xml にあります。
jboss.domain.config.dir 下で相対ファイル名を渡し、バックアップモデルのこの設定を用いてサーバーを起動します。
この設定を用いてドメインを起動するには、以下を実行します。
EAP_HOME/bin/domain.sh --domain-config=domain_xml_history/current/domain.v1.xml

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。