11.12.3. SSL コネクターリファレンス

JBoss Web コネクターには、次の SSL 設定属性を含めることができます。提供された CLI コマンドは、プロファイル default を使用した管理対象ドメイン向けに設計されています。プロファイル名を、管理対象ドメインに対して設定する名前に変更するか、コマンドの /profile=default 部分を省略します (スタンドアロンサーバーの場合)。

表11.11 SSL コネクター属性

属性説明CLI コマンド
name
SSL コネクターの表示名。
属性 name は読み取り専用です。
verify-client
HTTP/HTTPS コネクターまたはネイティブ APR コネクターが使用されるかによって、verify-client の可能な値は異なります。
HTTP/HTTPS コネクター

可能な値は truefalse、または want です。接続を受け入れる前にクライアントから有効な証明書チェーンが必要な場合は、true に設定します。SSL スタックでクライアント証明書を要求し、クライアント証明書が提示されない場合でもエラーが発生しないようにするには、want に設定します。CLIENT-CERT 認証を使用するセキュリティー制約によって保護されたリソースをクライアントが要求する場合を除き、証明書チェーンを必要としないときは false (デフォルト値) に設定します。

ネイティブ APR コネクター

可能な値は optionalrequireoptionalNoCA、および none (または none と同様の他の文字列) です。これらの値は、証明が任意、必須、認証局なしの任意、または不要であるかどうかを決定します。デフォルトは none で、クライアントは証明書を提出する機会がありません。

最初のコマンド例は HTTPS コネクターを使用します。
/profile=default/subsystem=web/connector=HTTPS/ssl=configuration/:write-attribute(name=verify-client,value=want)
2 つ目のコマンド例は APR コネクターを使用します。
/profile=default/subsystem=web/connector=APR/ssl=configuration/:write-attribute(name=verify-client,value=require)
verify-depth
クライアントが有効な証明を持たないと判断するまでにチェックされる中間証明書発行者の最大数。デフォルト値は 10 です。
/profile=default/subsystem=web/connector=HTTPS/ssl=configuration/:write-attribute(name=verify-depth,value=10)
certificate-key-file
署名済みサーバー証明書が格納されるキーストアの完全ファイルパスおよびファイル名。JSSE 暗号化の場合、この証明書ファイルが唯一のファイルになり、OpenSSL は複数のファイルを使用します。デフォルト値は JBoss EAP 6 を実行しているユーザーのホームディレクトリー内にある .keystore ファイルになります。keystoreType がファイルを使用しない場合は、パラメーターを空の文字列に設定します。
/profile=default/subsystem=web/connector=HTTPS/ssl=configuration/:write-attribute(name=certificate-key-file,value=../domain/configuration/server.keystore)
certificate-file
OpenSSL 暗号化を使用する場合は、このパラメーターの値を、サーバー証明書を含むファイルに対するパスに設定します。
/profile=default/subsystem=web/connector=HTTPS/ssl=configuration/:write-attribute(name=certificate-file,value=server.crt)
password
トラストストアおよびキーストアのパスワード。以下の例では、PASSWORD を実際のパスワードに置き換えます。
/profile=default/subsystem=web/connector=HTTPS/ssl=configuration/:write-attribute(name=password,value=PASSWORD)
protocol
使用する SSL プロトコルのバージョン。サポートされる値は基礎の SSL 実装 (JSSE または OpenSSL) によって異なります。Java SSE のドキュメントを参照してください。
また、プロトコルの組み合わせをコンマで区切って指定することもできます (例: TLSv1, TLSv1.1,TLSv1.2)。

警告

Red Hat は、影響するすべてのパッケージで TLSv1.1 または TLSv1.2 を利用するために SSL を明示的に無効化することを推奨しています。
/profile=default/subsystem=web/connector=HTTPS/ssl=configuration/:write-attribute(name=protocol,value=ALL)
/profile=default/subsystem=web/connector=HTTPS/ssl=configuration/:write-attribute(name=protocol,value="TLSv1, TLSv1.1,TLSv1.2")
cipher-suite
許可される暗号のリスト。JSSE の構文ではカンマ区切りのリストを使用する必要があります。OpenSSL の構文ではコロン区切りのリストを使用する必要があります。必ず 1 つの構文のみを使用してください。
デフォルトは HIGH:!aNULL:!eNULL:!EXPORT:!DES:!RC4:!MD5 です。
例では可能な暗号が 2 つのみですが、実際にはこれ以上の暗号を使用することになります。

重要

弱い暗号を使用するとセキュリティーリスクが増大します。NIST が推奨する暗号化スイートは http://www.nist.gov/manuscript-publication-search.cfm?pub_id=915295 を参照してください。
使用可能な OpenSSL の暗号のリストは https://www.openssl.org/docs/apps/ciphers.html#CIPHER_STRINGS を参照してください。 @SECLEVELSUITEB128SUITEB128ONLY、および SUITEB192 はサポートされないことに注意してください。
/profile=default/subsystem=web/connector=HTTPS/ssl=configuration/:write-attribute(name=cipher-suite, value="TLS_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA,TLS_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA")
key-alias
キーストア内のサーバー証明書に使用されるエイリアス。以下の例では、KEY_ALIAS を実際の証明書のエイリアスに置き換えます。
/profile=default/subsystem=web/connector=HTTPS/ssl=configuration/:write-attribute(name=key-alias,value=KEY_ALIAS)
truststore-type
トラストストアのタイプ。PKCS12 や Java の標準 JKS など、さまざまなタイプのトラストストアが使用可能です。
/profile=default/subsystem=web/connector=HTTPS/ssl=configuration/:write-attribute(name=truststore-type,value=jks)
keystore-type
キーストアのタイプ。PKCS12 や Java の標準 JKS など、さまざまなタイプのキーストアが使用可能です。
/profile=default/subsystem=web/connector=HTTPS/ssl=configuration/:write-attribute(name=keystore-type,value=jks)
ca-certificate-file
CA 証明書が含まれるファイル。JSSE の場合、これは truststoreFile であり、キーストアと同じパスワードを使用します。クライアント証明書を検証するには、ca-certificate-file ファイルが使用されます。
/profile=default/subsystem=web/connector=HTTPS/ssl=configuration/:write-attribute(name=certificate-file,value=ca.crt)
ca-certificate-password
ca-certificate-file の証明書パスワード。以下の例では、MASKED_PASSWORD を実際のマスクされたパスワードに置き換えます。
/profile=default/subsystem=web/connector=HTTPS/ssl=configuration/:write-attribute(name=ca-certificate-password,value=MASKED_PASSWORD)
ca-revocation-url
呼び出しリストが含まれるファイルまたは URL。JSSE の場合は、crlFile を参照し、SSL の場合は、SSLCARevocationFile を参照します。
/profile=default/subsystem=web/connector=HTTPS/ssl=configuration/:write-attribute(name=ca-revocation-url,value=ca.crl)
session-cache-size
SSLSession キャッシュのサイズ。この属性は、JSSE コネクターへのみ適用されます。デフォルト値は 0 で、無制限のキャッシュサイズが指定されます。
/profile=default/subsystem=web/connector=HTTPS/ssl=configuration/:write-attribute(name=session-cache-size,value=100)
session-timeout
キャッシュされた SSLSession が期限切れになるまでの秒数。この属性は JSSE コネクターへのみ適用されます。デフォルト値は 86400 秒 (24 時間) です。
/profile=default/subsystem=web/connector=HTTPS/ssl=configuration/:write-attribute(name=session-timeout,value=43200)

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。