20.5. サイズの大きなメッセージの処理

20.5.1. サイズの大きなメッセージの処理

HornetQ は、クライアントまたはサーバーでメモリーのサイズが制限されていても、大きなメッセージの使用をサポートします。サイズが大きなメッセージは、そのままストリームしたり、効率的に転送するためにさらに圧縮したりできます。ユーザーは、メッセージのボディーに InputStream を設定すると大きなメッセージを送信できます。メッセージが送信されると HornetQ がこの InputStream を読み取り、データを断片的にサーバーへ送信します。
クライアントやサーバーは、大きなメッセージのボディー部分を完全な形でメモリーに保存しません。コンシューマーは最初にボディーが空の大きなメッセージを受け取った後、メッセージに OutputStream を設定して断片的にディスクファイルへストリームします。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。