25.5. トラブルシューティング

25.5.1. Amazon EC2 のトラブルシューティング

EC2 では、各インスタンスに対して Alarm Status が提供され、インスタンスの深刻な誤動作が示されますが、このようなアラームがないと、インスタンスが正しく起動され、サービスが適切に実行される保証はありません。Amazon CloudWatch とそのカスタムメトリック機能を使用すると、インスタンスサービスの状態を監視できますが、企業向けの管理ソリューションの使用が推奨されます。
トラブルシューティングを簡易化するため、Red Hat は JBoss Operations Network (JON) を使用した EC2 インスタンスの管理を推奨します。JON は、JON エージェントがインストールされた EC2 インスタンスで多くのサービス (JBoss EAP 6、Tomcat、Apache HTTP Server、PostgreSQL など) を自動的に検出、監視、および管理できます。JON を使用した JBoss EAP の監視についての詳細については、「AMI 監視 」 を参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。