2.2. サーバーの起動と停止

2.2.1. 管理 CLI を使用したサーバーの起動および停止

スタンドアロンモードでは、管理 CLI または管理コンソールを使用してサーバーを起動および停止できます。ドメインモードでは、サーバーインスタンスのみを起動できます。これらの管理ツールを使用すると、単一のスタンドアロンサーバーインスタンスを制御したり、管理対象ドメインのデプロイメント全体で複数のサーバーを選択的に管理したりできます。ドメインモードで管理コンソールを使用する場合は、「管理コンソールを使用したサーバーの起動」 の手順を参照してください。管理 CLI を使用する場合は、スタンドアロンサーバーインスタンスと管理対象ドメインインスタンスでプロセスが異なります。
管理 CLI を用いたスタンドアロンサーバーの起動および停止

スタンドアロンサーバーインスタンスは、コマンドラインスクリプトで起動でき、管理 CLI より shutdown コマンドを使用してシャットダウンできます。インスタンスが再度必要な場合は、「JBoss EAP 6 をスタンドアロンサーバーとして起動」 の説明どおりに起動プロセスを再実行します。

例2.6 管理 CLI よりスタンドアロンサーバーインスタンスを停止する

[standalone@localhost:9999 /] shutdown
管理 CLI を用いた管理対象ドメインの起動および停止

管理対象ドメインを実行している場合は、管理コンソールを使用するとドメインの特定サーバーを選択的に起動または停止できます。これには、ドメイン全体のサーバーグループや、ホスト上の特定サーバーインスタンスが含まれます。

例2.7 管理 CLI より管理対象ドメインのサーバーホストを停止する

スタンドアロンサーバーと同様に、宣言された管理対象ドメインホストをシャットダウンするには shutdown コマンドを使用します。この例では、シャットダウン操作を呼び出す前にインスタンス名を宣言し、「master」という名前のサーバーホストを停止します。tab キーを使用して文字列を補完し、利用可能なホスト値などの可視変数を表示します。
[domain@localhost:9999 /] /host=master:shutdown

例2.8 管理 CLI より管理対象ドメインのサーバーホストを起動および停止する

この例は、start および stop 操作を呼び出す前に、サーバーグループを宣言することで、main-server-group という名前のデフォルトのサーバーグループを起動します。tab キーを使用して文字列を補完し、利用可能なサーバーグループ名の値などの可視変数を表示します。
[domain@localhost:9999 /] /server-group=main-server-group:start-servers
[domain@localhost:9999 /] /server-group=main-server-group:stop-servers

例2.9 管理 CLI より管理対象ドメインのサーバーインスタンスを起動および停止する

この例は、start および stop 操作を呼び出す前に、ホストおよびサーバーの設定を宣言することで、master ホスト上の server-one という名前のサーバーインスタンスを起動および停止します。tab キーを使用して文字列を補完し、利用可能なホストおよびサーバー設定の値などの可視変数を表示します。
[domain@localhost:9999 /] /host=master/server-config=server-one:start
[domain@localhost:9999 /] /host=master/server-config=server-one:stop

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。