5.2. ソケットバインディンググループ

5.2.1. ソケットバインディンググループ

ソケットバインディングとソケットバインディンググループを使用することにより、ネットワークポートと、JBoss EAP 6 の設定で必要なネットワーキングインターフェースとの関係を定義できます。
ソケットバインディングは、ソケットの名前付き設定です。これらの名前付き設定の宣言は、domain.xml 設定ファイルと standalone.xml 設定ファイルの両方にあります。設定の他のセクションは、論理名でこれらのソケットを参照できます。ソケット設定の完全な詳細を含める必要はありません。これにより、マシンによって異なる場合がある相対ソケットを参照できます。
ソケットバインディングは、ソケットバインディンググループ下に収集されます。ソケットバインディンググループは、論理名でグループ化されたソケットバインディング宣言のコレクションです。名前付きグループは、設定全体で参照できます。スタンドアロンサーバーにはこのようなグループが 1 つだけ含まれ、管理対象ドメインインスタンスには複数のグループを含めることができます。管理対象ドメインの各サーバーグループに対してソケットバインディングを作成するか、複数のサーバーグループ間でソケットバインディンググループを共有できます。
名前付きグループを使用すると、管理対象ドメインの場合に、サーバーグループを設定するときにソケットバインディングの特定のグループに、単純化された参照を使用できます。また、一般的に、1 つのシステムでのスタンドアロンサーバーの複数のインスタンスの設定と管理にも使用できます。次の例は、スタンドアロンおよびドメインインスタンスの設定ファイルのデフォルトソケットバインディンググループを示しています。

例5.6 スタンドアロン設定のデフォルトソケットバインディング

standalone.xml 設定ファイルのデフォルトソケットバインディンググループは、standard-sockets 下でグループ化されます。このグループは、同じ論理参照方法を使用して public インターフェースでも参照されます。
   
<socket-binding-group name="standard-sockets" default-interface="public">
    <socket-binding name="http" port="8080"/>
    <socket-binding name="https" port="8443"/>
    <socket-binding name="jacorb" port="3528"/>
    <socket-binding name="jacorb-ssl" port="3529"/>
    <socket-binding name="jmx-connector-registry" port="1090" interface="management"/>
    <socket-binding name="jmx-connector-server" port="1091" interface="management"/>
    <socket-binding name="jndi" port="1099"/>
    <socket-binding name="messaging" port="5445"/>
    <socket-binding name="messaging-throughput" port="5455"/>
    <socket-binding name="osgi-http" port="8090" interface="management"/>
    <socket-binding name="remoting" port="4447"/>
    <socket-binding name="txn-recovery-environment" port="4712"/>
    <socket-binding name="txn-status-manager" port="4713"/>
</socket-binding-group>

例5.7 ドメイン設定のデフォルトソケットバインディング

domain.xml 設定ファイルのデフォルトソケットバインディンググループには standard-socketsha-socketsfull-sockets、および full-ha-sockets の 4 つのグループが含まれます。これらのグループは public と呼ばれるインターフェースでも参照されます。
<socket-binding-groups>
    <socket-binding-group name="standard-sockets" default-interface="public">
        <!-- Needed for server groups using the 'default' profile  -->
        <socket-binding name="ajp" port="8009"/>
        <socket-binding name="http" port="8080"/>
        <socket-binding name="https" port="8443"/>
        <socket-binding name="osgi-http" interface="management" port="8090"/>
        <socket-binding name="remoting" port="4447"/>
        <socket-binding name="txn-recovery-environment" port="4712"/>
        <socket-binding name="txn-status-manager" port="4713"/>
        <outbound-socket-binding name="mail-smtp">
            <remote-destination host="localhost" port="25"/>
        </outbound-socket-binding>
    </socket-binding-group>
    <socket-binding-group name="ha-sockets" default-interface="public">
        <!-- Needed for server groups using the 'ha' profile  -->
        <socket-binding name="ajp" port="8009"/>
        <socket-binding name="http" port="8080"/>
        <socket-binding name="https" port="8443"/>
        <socket-binding name="jgroups-mping" port="0" multicast-address="${jboss.default.multicast.address:230.0.0.4}" multicast-port="45700"/>
        <socket-binding name="jgroups-tcp" port="7600"/>
        <socket-binding name="jgroups-tcp-fd" port="57600"/>
        <socket-binding name="jgroups-udp" port="55200" multicast-address="${jboss.default.multicast.address:230.0.0.4}" multicast-port="45688"/>
        <socket-binding name="jgroups-udp-fd" port="54200"/>
        <socket-binding name="modcluster" port="0" multicast-address="224.0.1.105" multicast-port="23364"/>
        <socket-binding name="osgi-http" interface="management" port="8090"/>
        <socket-binding name="remoting" port="4447"/>
        <socket-binding name="txn-recovery-environment" port="4712"/>
        <socket-binding name="txn-status-manager" port="4713"/>
        <outbound-socket-binding name="mail-smtp">
            <remote-destination host="localhost" port="25"/>
        </outbound-socket-binding>
    </socket-binding-group>
    <socket-binding-group name="full-sockets" default-interface="public">
        <!-- Needed for server groups using the 'full' profile  -->
        <socket-binding name="ajp" port="8009"/>
        <socket-binding name="http" port="8080"/>
        <socket-binding name="https" port="8443"/>
        <socket-binding name="jacorb" interface="unsecure" port="3528"/>
        <socket-binding name="jacorb-ssl" interface="unsecure" port="3529"/>
        <socket-binding name="messaging" port="5445"/>
        <socket-binding name="messaging-group" port="0" multicast-address="${jboss.messaging.group.address:231.7.7.7}" multicast-port="${jboss.messaging.group.port:9876}"/>
        <socket-binding name="messaging-throughput" port="5455"/>
        <socket-binding name="osgi-http" interface="management" port="8090"/>
        <socket-binding name="remoting" port="4447"/>
        <socket-binding name="txn-recovery-environment" port="4712"/>
        <socket-binding name="txn-status-manager" port="4713"/>
        <outbound-socket-binding name="mail-smtp">
            <remote-destination host="localhost" port="25"/>
        </outbound-socket-binding>
    </socket-binding-group>
    <socket-binding-group name="full-ha-sockets" default-interface="public">
        <!-- Needed for server groups using the 'full-ha' profile  -->
        <socket-binding name="ajp" port="8009"/>
        <socket-binding name="http" port="8080"/>
        <socket-binding name="https" port="8443"/>
        <socket-binding name="jacorb" interface="unsecure" port="3528"/>
        <socket-binding name="jacorb-ssl" interface="unsecure" port="3529"/>
        <socket-binding name="jgroups-mping" port="0" multicast-address="${jboss.default.multicast.address:230.0.0.4}" multicast-port="45700"/>
        <socket-binding name="jgroups-tcp" port="7600"/>
        <socket-binding name="jgroups-tcp-fd" port="57600"/>
        <socket-binding name="jgroups-udp" port="55200" multicast-address="${jboss.default.multicast.address:230.0.0.4}" multicast-port="45688"/>
        <socket-binding name="jgroups-udp-fd" port="54200"/>
        <socket-binding name="messaging" port="5445"/>
        <socket-binding name="messaging-group" port="0" multicast-address="${jboss.messaging.group.address:231.7.7.7}" multicast-port="${jboss.messaging.group.port:9876}"/>
        <socket-binding name="messaging-throughput" port="5455"/>
        <socket-binding name="modcluster" port="0" multicast-address="224.0.1.105" multicast-port="23364"/>
        <socket-binding name="osgi-http" interface="management" port="8090"/>
        <socket-binding name="remoting" port="4447"/>
        <socket-binding name="txn-recovery-environment" port="4712"/>
        <socket-binding name="txn-status-manager" port="4713"/>
        <outbound-socket-binding name="mail-smtp">
            <remote-destination host="localhost" port="25"/>
        </outbound-socket-binding>
    </socket-binding-group>
</socket-binding-groups>
ソケットバインディングインスタンスは、アプリケーションサーバーディレクトリーの standalone.xml ソースファイルと domain.xml ソースファイルで作成および編集できます。バインディングの管理には、管理コンソールまたは管理 CLI を使用することが推奨されます。管理コンソールを使用すると、General Configuration セクション下に専用の Socket Binding Group 画面があるグラフィカルユーザーインターフェースが使用できるなどの利点があります。管理 CLI は、アプリケーションサーバー設定の上位および下位レベル全体でバッチ処理やスクリプトの使用を可能にする、コマンドラインを基にした API およびワークフローを提供します。両方のインターフェースにより、変更を永続化したり、サーバー設定に保存したりできます。