11.6. セキュリティードメイン

11.6.1. セキュリティードメイン

セキュリティードメインは JBoss EAP 6 のセキュリティーサブシステムの一部になります。すべてのセキュリティー設定は、管理対象ドメインのドメインコントローラーまたはスタンドアローンサーバーによって集中管理されるようになりました。
セキュリティードメインは認証、承認、セキュリティーマッピング、監査の設定によって構成されます。セキュリティードメインは Java Authentication and Authorization Service (JAAS) の宣言的セキュリティーを実装します。
認証とはユーザーアイデンティティーを検証することを言います。セキュリティー用語では、このユーザーをプリンシパルと呼びます。認証と承認は異なりますが、含まれている認証モジュールの多くは承認の処理も行います。
承認は、認証されたユーザーが、システムまたは操作の特定のリソースへアクセスできるパーミッションまたは特権を持っているかどうかをサーバーが判断するセキュリティーポリシーです。セキュリティー用語では、ロールとも呼ばれます。
セキュリティーマッピングとは、情報をアプリケーションに渡す前にプリンシパル、ロール、または属性から情報を追加、編集、削除する機能のことです。
監査マネージャーは、プロバイダーモジュールを設定して、セキュリティーイベントの報告方法を制御できるようにします。
セキュリティードメインを使用する場合、アプリケーション自体から特定のセキュリティー設定をすべて削除することが可能です。これにより、一元的にセキュリティーパラメーターを変更できるようにします。このような設定構造が有効な一般的な例には、アプリケーションをテスト環境と実稼動環境間で移動するプロセスがあります。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。