11.9. ロールベースアクセス制御を用いた管理インターフェースのセキュア化

11.9.1. ロールベースアクセス制御 (RBAC)

ロールベースアクセスコントロール (RBAC) は、管理ユーザーのパーミッションセットを指定するメカニズムです。これにより、無制限のアクセスを必要とせずに複数のユーザーが JBoss EAP 6.3 の管理業務を共有できます。JBoss EAP 6.3 は管理ユーザーの「職務の分離」を実現することで、不必要な特権を与えずに組織における個人またはグループの業務分散を容易にします。これにより、設定、デプロイメント、および管理の柔軟性を維持しながらサーバーやデータのセキュリティーを可能な限り強化できます。

JBoss EAP 6.3 のロールベースアクセス制御は、ロールパーミッションと制約の組み合わせにより動作します。

異なる固定パーミッションを持つ 7 つのロールが事前定義されています。事前定義されたロールは Monitor、Operator、Maintainer、Deployer、Auditor、Administrator、および SuperUser です。各管理ユーザーには 1 つ以上のロールが割り当てられます。各ロールは、サーバーを管理するときにユーザーが実行できる操作を指定します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。