11.8. 管理インターフェースセキュリティー

11.8.1. デフォルトのユーザーセキュリティー設定

はじめに

JBoss EAP 6 のすべての管理インターフェースはデフォルトで保護されます。このセキュリティーには、2 つの形式があります。

  • ローカルインターフェースは、ローカルクライアントとローカルクライアントが接続するサーバーとの間の SASL コントラクトによって保護されます。このセキュリティーメカニズムは、ローカルファイルシステムにアクセスするクライアントの機能に基づきます。ローカルシステムへアクセスできるとクライアントによるユーザーの追加が可能で、他のセキュリティーメカニズムを無効にするよう設定を変更できるからです。これにより、ファイルシステムへ物理的にアクセスできると、他のセキュリティーメカニズムが不要になるという原則が厳守されます。このメカニズムは 4 つの手順で実現されます。

    注記

    HTTP を使用してローカルホストへ接続する場合でも、HTTP のアクセスはリモートと見なされます。
    1. ローカル SASL メカニズムを用いて認証する要求が含まれるメッセージをクライアントがサーバーに送信します。
    2. サーバーは 1 度限りのトークンを生成して、固有のファイルに書き込み、そのファイルのフルパスが含まれるメッセージをクライアントに送信します。
    3. クライアントはファイルよりトークンを読み取り、サーバーへ送信し、ファイルシステムへローカルアクセスできるかを検証します。
    4. サーバーはトークンを検証し、ファイルを削除します。
  • ローカル HTTP クライアントを含むリモートクライアントはレルムベースのセキュリティーを使用します。管理インターフェースを使用して JBoss EAP 6 インスタンスをリモートで設定するパーミッションを持つデフォルトのレルムは ManagementRealm です。このレルム (またはユーザーが作成したレルム) にユーザーを追加できるスクリプトが提供されます。ユーザーごとに、ユーザー名とハッシュ化されたパスワードがファイルに保存されます。
    管理対象ドメイン
    EAP_HOME/domain/configuration/mgmt-users.properties
    スタンドアロンサーバー
    EAP_HOME/standalone/configuration/mgmt-users.properties
    mgmt-users.properties の内容はマスクされていますが、機密ファイルとして扱う必要があります。ファイルモードを、ファイル所有者による読み書きのみが許可される 600 に設定することが推奨されます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。