3.8. 管理インターフェース監査ロギング

3.8.1. 管理インターフェース監査ロギング

監査ロギングが有効な場合、管理 API より実行されたすべての操作は監査ログに記録されます。管理コンソール、管理 CLI インターフェース、またはカスタムのインターフェースから実行されたすべての操作が監査ロギングの対象となります。デフォルトでは、ロギングは無効になっています。
ログエントリーは、保存される前にフォーマッターおよびハンドラーへ渡されます。フォーマッターはログエントリーの形式を指定し、ハンドラーはレコードを指定の宛先に出力します。現在、エントリーを JSON 形式で出力する 1 つのフォーマッターのみを使用できます。ハンドラーがログレコードをファイルに出力するよう設定したり、Syslog サーバーに転送したりすることができ、その両方を行うこともできます。

注記

監査ロギングは、管理 CLI からのみ設定できます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。