20.11. JMS ブリッジ

20.11.1. ブリッジ

ブリッジの機能は、ソースキューからのメッセージを消費し、通常は異なる HornetQ サーバーにあるターゲットアドレスに転送することです。ブリッジは信頼できない接続を処理し、接続が再び利用可能になった場合に自動的に再接続します。HornetQ ブリッジは、フィルター式で設定して特定のメッセージのみを転送できます。

重要

JMS ブリッジは、含まれる HornetQ が専用のバックアップとして設定されている EAP 6 サーバーにはデプロイできません。専用のバックアップサーバーのトランザクションマネージャーは、HornetQ のライブサーバーで起動されたトランザクションをリカバリーできないからです。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。