11.11. Java セキュリティーマネージャー

11.11.1. Java Security Manager

Java Security Manager
Java Security Manager は、Java 仮想マシン (JVM) サンドボックスの外部境界を管理するクラスで、JVM 内で実行するコードが JVM 外のリソースと対話する方法を制御します。Java Security Manager が有効な場合、Java API は安全でない可能性のある操作を行う前に Security Manager が承認するか確認します。
Java Security Manager は、セキュリティーポリシーを使用して該当するアクションを許可または拒否するかどうかを決定します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。