11.14. FIPS 140-2 準拠の暗号化

11.14.1. FIPS 140-2 の準拠

連邦情報処理標準 (FIPS: Federal Information Processing Standard) 140-2 は、アメリカ政府による、暗号化ソフトウェアモジュール認定のためのコンピューターセキュリティー標準です。多くの場合で、FIPS 140-2 へ準拠することが政府機関や民間企業が使用するソフトウェアシステムの要件となります。
JBoss EAP 6 は外部モジュールによる暗号化を使用します。また、FIPS 140-2 に準拠する暗号化モジュールを使用するよう設定できます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。