25.2. Amazon EC2 での JBoss EAP 6 のデプロイ

25.2.1. Amazon EC2 での JBoss EAP 6 のデプロイ (概要)

JBoss EAP 6 は、Amazon EC2 AMI を使用してデプロイできます。AMI には、クラスターインスタンスと非クラスターインスタンスのデプロイメントに必要なものがすべて含まれます。
非クラスターインスタンスのデプロイは最も簡単なシナリオです。インスタンスの作成時は、アプリケーションデプロイメントを指定するためにいくつかの設定を変更する必要があります。
クラスターインスタンスをデプロイするには、さらに設定を行う必要があります。クラスターを含める仮想プライベートクラウドを作成することが推奨されます。mod_cluster プロキシとして動作するよう JBoss EAP インスタンスを使用することはオプションですが、このオプションを使用する場合は、S3_PING JGroups 検出プロトコルの S3 バケットも必要になります。
これらの各手順の詳細は以下に示されていますが、JBoss EAP 6、Red Hat Enterprise Linux 6、および Amazon EC2 についてある程度の経験があることを前提としています。
追加リファレンスとして、以下のドキュメンテーションが推奨されます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。