11.9.8. ロールベースアクセス制御の設定

11.9.8.1. RBAC 設定タスクの概要

RBAC が有効になっている場合、Administration および SuperUser ロールのユーザーのみがアクセス制御システムを表示し、変更を追加できます。
管理コンソールは、以下の一般的な RBAC タスクに対してインターフェースを提供します。
  • 各ユーザーへ割り当てられた (または除外された) ロールの表示および設定
  • 各グループへ割り当てられた (または除外された) ロールの表示および設定。
  • ロールごとのグループおよびユーザーメンバーシップの表示。
  • ロールごとのデフォルトメンバーシップの設定。
  • スコープ指定されたロールの作成。
管理 CLI は完全なアクセス制御システムへのアクセスを提供します。そのため、管理コンソールで行えることはすべて管理 CLI で行えますが、管理コンソールでは実行できない複数のタスクを 管理 CLI で実行できます。
管理 CLI で実行できる追加のタスクは次のとおりです。
  • RBAC の有効化および無効化。
  • パーミッション組み合わせポリシーの変更
  • アプリケーションリソースおよびリソース機密性の制約の設定

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。