23.3. EJB スレッドプールの設定

23.3.1. エンタープライズ Bean スレッドプール

JBoss EAP 6 は、数多くの Java スレッドオブジェクトインスタンスをメモリー内に維持します。これらは、リモート呼び出し、タイマーサービス、非同期呼び出しなどの Enterprise Bean サービスによって使用されます。
この技術はスレッドプーリングと呼ばれ、スレッド作成のオーバーヘッドを削減してパフォーマンスを向上し、リソースの使用状況を制御するメカニズムをシステム管理者に提供します。
異なるパラメーターを使用して複数のスレッドプールを作成し、各サービスを異なるスレッドプールに割り当てることが可能です。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。