23.2. Bean プールの設定

23.2.1. Bean プール

JBoss EAP 6 はさらに高速なパフォーマンスを提供するため、デプロイされたステートレスエンタープライズ Bean の複数のインスタンスをメモリーで保持します。この技術は Bean プーリングと呼ばれます。Bean が必要なとき、アプリケーションサーバーは新しい Bean をインスタンス化せずに、すでに存在する Bean の適切なプールから Bean を 1 つ取ります。Bean が不必要になったら、再使用するために Bean をプールに戻します。
ステートレスセッション Bean と メッセージ駆動型 Bean の Bean プールは別々に設定および維持されます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。