19.4. クラスタリング

19.4.1. クラスタリングサブシステムに TCP 通信を使用

デフォルトでは、クラスターノードは UDP プロトコルを使用して他のクラスターの状態を監視しますが、TCP のみが許可されているネットワークもあります。このような場合、設定に TCPPING プロトコルスタックを追加し、デフォルトのメカニズムとして使用できます。このような設定オプションはコマンドラインベースの管理 CLI で使用可能です。
mod_cluster サブシステムもデフォルトで UDP 通信を使用しますが、TCP の使用を選択できます。
ネットワーク通信に TCP を使用するには、次の 2 つの手順を参照して JGroups および mod_cluster サブシステムを設定します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。