25.2.3.12. クラスター化管理対象ドメイン

25.2.3.12.1. クラスタードメインコントローラーとして機能するインスタンスの起動
概要

このトピックでは、Red Hat AMI (Amazon Machine Image) 上のクラスター化された JBoss EAP 6 管理対象ドメインを起動するために必要な手順について説明します。

手順25.15 クラスタードメインコントローラーの起動

  1. このインスタンスに対してエラスティック IP を作成します。
  2. AMI を選択します。
  3. Security Group に移動し、すべてのトラフィックを許可します (必要な場合は、アクセスを制限する Red Hat Enterprise Linux の組み込みファイアウォール機能を使用)。
  4. VPC のパブリックサブネットで running を選択します。
  5. 静的な IP (例: 10.0.0.5) を選択します。
  6. 以下の内容を User Data: フィールドに指定します。
    ## mod cluster proxy addresses
    MOD_CLUSTER_PROXY_LIST=10.0.0.4:7654
     
    ## password that will be used by slave host controllers to connect to the domain controller
    JBOSSAS_ADMIN_PASSWORD=<password for slave host controllers>
     
    ## subnet prefix this machine is connected to
    SUBNET=10.0.0.
    
    ## S3 domain controller discovery setup
    # JBOSS_DOMAIN_S3_SECRET_ACCESS_KEY=<your secret key>
    # JBOSS_DOMAIN_S3_ACCESS_KEY=<your access key>
    # JBOSS_DOMAIN_S3_BUCKET=<your bucket name>
     
    #### to run the example no modifications below should be needed ####
    JBOSS_DOMAIN_CONTROLLER=true
    PORTS_ALLOWED="9999 9990 9443"
    JBOSS_IP=`hostname | sed -e 's/ip-//' -e 'y/-/./'` #listen on public/private EC2 IP address
     
    cat > $USER_SCRIPT << "EOF"
    ## Get the application to be deployed from an Internet URL
    # mkdir -p /usr/share/java/jboss-ec2-eap-applications
    # wget https://<your secure storage hostname>/<path>/<app name>.war -O /usr/share/java/jboss-ec2-eap-applications/<app name>.war
     
    ## Install the JDBC driver as a core module
    yum -y install mysql-connector-java
    mkdir -p /usr/share/jbossas/modules/com/mysql/main
    cp -v /usr/share/java/mysql-connector-java-*.jar /usr/share/jbossas/modules/com/mysql/main/mysql-connector-java.jar
     
    cat > /usr/share/jbossas/modules/com/mysql/main/module.xml <<"EOM"
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <module xmlns="urn:jboss:module:1.0" name="com.mysql">
       <resources>
          <resource-root path="mysql-connector-java.jar"/>
       </resources>
       <dependencies>
          <module name="javax.api"/>
       </dependencies>
    </module>
    EOM
     
    cat > $USER_CLI_COMMANDS << "EOC" 
    ## Deploy the sample application from the local filesystem
    deploy /usr/share/java/jboss-ec2-eap-samples/cluster-demo.war --server-groups=other-server-group
     
    ## ExampleDS configuration for MySQL database
    data-source --profile=mod_cluster-ec2-ha remove --name=ExampleDS
    /profile=mod_cluster-ec2-ha/subsystem=datasources/jdbc-driver=mysql:add(driver-name="mysql",driver-module-name="com.mysql")
    data-source --profile=mod_cluster-ec2-ha add --name=ExampleDS --connection-url="jdbc:mysql://${db.host}:3306/${db.database}" --jndi-name=java:jboss/datasources/ExampleDS --driver-name=mysql --user-name="${db.user}" --password="${db.passwd}"
    /profile=mod_cluster-ec2-ha/subsystem=datasources/data-source=ExampleDS:enable
    EOC
     
    ## this will workaround the problem that in a VPC, instance hostnames are not resolvable
    echo -e "127.0.0.1\tlocalhost.localdomain localhost" > /etc/hosts
    echo -e "::1\tlocalhost6.localdomain6 localhost6" >> /etc/hosts
    for (( i=1 ; i<255 ; i++ )); do
       echo -e "$SUBNET$i\tip-${SUBNET//./-}$i" ;
    done >> /etc/hosts
     
    EOF
  7. 本番稼働インスタンスの場合

    本番環境インスタンスの場合は、次の行を User Data フィールドの USER_SCRIPT 行の下に追加してセキュリティーアップデートが起動時に適用されるようにします。
    yum -y update

    注記

    yum -y update を定期的に実行して、セキュリティー修正と拡張を適用する必要があります。
  8. Red Hat AMI インスタンスを起動します。
結果

クラスター化された JBoss EAP 6 管理対象ドメインが設定され、Red Hat AMI で起動されます。