19.7. Apache mod_proxy

19.7.1. Apache mod_proxy HTTP コネクター

Apache は、httpd に mod_proxymod_jk の 2 つのプロキシおよびロードバランシングモジュールを提供します。mod_jk の詳細については、「Apache mod_jk HTTP コネクター 」 を参照してください。JBoss EAP 6 はこれらのいずれかの使用をサポートしますが、JBoss HTTP コネクターである mod_cluster は JBoss EAP 6 と外部 httpd をより密接に結合するため、推奨される HTTP コネクターになります。利点と欠点を含むサポート対象 HTTP コネクターの概要については、「HTTP コネクターの概要」 を参照してください。
mod_jk とは異なり、mod_proxy は、HTTP および HTTPS プロトコルを介して接続をサポートします。これらは AJP プロトコルもサポートします。
mod_proxy は、スタンドアロンまたは負荷分散設定で指定でき、スティッキーセッションをサポートします。
mod_proxy モジュールを使用するには、JBoss EAP 6 に HTTP、 HTTPS、または AJP Web コネクターが設定されている必要があります。これは Web サブシステムの一部となります。Web サブシステムの設定については 「Web サブシステムの設定」 を参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。