24.5. リソースアダプター記述子リファレンス

以下の表では、リソースアダプター記述子要素について説明しています。

表24.7 主要な要素

要素説明
bean-validation-groups使用する必要がある Bean 検証グループを指定します。
bootstrap-context使用する必要があるブートストラップコンテキストの一意な名前を指定します。
config-propertyconfig-property は、リソースアダプター設定プロパティーを指定します。
transaction-supportこのリソースアダプターによりサポートされたトランザクションのタイプを定義します。有効な値は NoTransactionLocalTransaction、および XATransaction です。
connection-definitions接続定義を指定します。
admin-objects管理オブジェクトを指定します。

表24.8 Bean 有効グループ要素

要素説明
bean-validation-group検証に使用する Bean 検証グループの完全修飾クラス名を指定します。

表24.9 接続定義/管理オブジェクト属性

属性説明
class-name管理対象接続ファクトリーまたは管理オブジェクトの完全修飾クラス名を指定します。
jndi-nameJNDI 名を指定します。
enabledオブジェクトをアクティベートするかどうか。
use-java-contextjava:/ JNDI コンテキストが使用されるかどうかを指定します。
pool-nameオブジェクトのプール名を指定します。
use-ccmキャッシュ済み接続マネージャーを有効にします。

表24.10 接続定義要素

要素説明
config-propertyconfig-property は、管理対象接続ファクトリー設定プロパティーを指定します。
poolプール設定を指定します。
xa-poolXA プール設定を指定します。
securityセキュリティー設定を指定します。
timeoutタイムアウト設定を指定します。
validation検証設定を指定します。
recoveryXA リカバリー設定を指定します。

表24.11 プール要素

要素説明
min-pool-sizemin-pool-size 要素は、プールが保持する最小接続数を指定します。これらは、接続の要求からサブジェクトが既知になるまで作成されません。このデフォルト値は 0 です。
max-pool-sizemax-pool-size 要素は、プールの最大接続数を指定します。各サブプールで作成できる最大接続数は、max-pool-size の接続数です。このデフォルト値は 20 です。
prefill接続プールを事前に満たすかどうかを指定します。デフォルトでは false です。
use-strict-minmin-pool-size を厳密と見なすかどうかを指定します。デフォルト値は false です。
flush-strategyエラー発生時にプールをどのようにフラッシュするかを指定します。有効な値は FailingConnectionOnly (デフォルト)、IdleConnections、および EntirePool です。

表24.12 XA プール要素

要素説明
min-pool-sizemin-pool-size 要素は、プールが保持する最小接続数を指定します。これらは、接続の要求からサブジェクトが既知になるまで作成されません。このデフォルト値は 0 です。
max-pool-sizemax-pool-size 要素は、プールの最大接続数を指定します。各サブプールで作成できる最大接続数は、max-pool-size の接続数です。このデフォルト値は 20 です。
prefill接続プールを事前に満たすかどうかを指定します。デフォルトでは false です。
use-strict-minmin-pool-size を厳密と見なすかどうかを指定します。デフォルト値は false です。
flush-strategyエラー発生時にプールをどのようにフラッシュするかを指定します。有効な値は FailingConnectionOnly (デフォルト)、IdleConnections、および EntirePool です。
is-same-rm-overrideis-same-rm-override 要素を使用すると、javax.transaction.xa.XAResource.isSameRM(XAResource) が true または false を返すかを無条件に設定できます。
interleavingXA 接続ファクトリのインターリービングを有効にする要素
no-tx-separate-poolsOracle では、XA 接続を JTA トランザクションの内部と外部の両方で使用することが推奨されません。この問題を回避するには、さまざまなコンテキストに個別のサブプールを作成します。
pad-xidXid をパディングするかどうか
wrap-xa-resourceXAResource インスタンスを org.jboss.tm.XAResourceWrapper インスタンスにラップするかどうか

表24.13 セキュリティー要素

要素説明
applicationプール内の接続を区別するために、アプリケーションにより提供されたパラメーター (getConnection(user, pw) からなど) を使用することを指定します。
security-domainプール内の接続を区別するために (セキュリティードメインからの) サブジェクトを使用することを指定します。security-domain の内容は認証を処理する JAAS セキュリティーマネージャーの名前です。この名前は、JAAS login-config.xml 記述子の application-policy/name 属性に相関します。
security-domain-and-applicationプール内の接続を区別するために、アプリケーションにより提供されたパラメーター (getConnection(user, pw) からなど) または (セキュリティードメインからの) サブジェクトを使用することを指定します。security-domain の内容は認証を処理する JAAS セキュリティーマネージャーの名前です。この名前は、JAAS login-config.xml 記述子の application-policy/name 属性に相関します。

表24.14 タイムアウト要素

要素説明
blocking-timeout-millisblocking-timeout-millis 要素は、接続待機中にブロックする最大時間数 (ミリ秒単位) を指定します。この時間を超過すると、例外が発生します。これは、接続許可の待機中にブロックするだけで、新規接続の作成に長時間要している場合は例外は発生しません。デフォルト値は 30000 (30 秒) です。
idle-timeout-minutesidle-timeout-minutes 要素は、接続が閉じられるまでのアイドル最大時間 (分単位) を指定します。実際の最大時間は、IdleRemover スキャン時間 (プールの最小 idle-timeout-minutes の 1/2) に基づきます。
allocation-retryallocation-retry 要素は、接続の割り当てを再試行する回数を指定します。その回数を超えると、例外が発生します。デフォルト値は 0 です。
allocation-retry-wait-millisallocation-retry-wait-millis 要素は、接続割り当ての再試行間の時間 (ミリ秒単位) を指定します。デフォルト値は 5000 (5 秒) です。
xa-resource-timeoutXAResource.setTransactionTimeout() に渡されます。デフォルト値はゼロで、セッターは呼び出されません。秒単位で指定されます。

表24.15 検証要素

要素説明
background-validation接続をバックグラウンドで検証するか、使用する前に検証するかを指定する要素
background-validation-minutesbackground-validation-minutes 要素は、バックグラウンド検証が実行される時間を分単位で指定します。
use-fast-fail無効な場合に最初の接続で接続割り当てを失敗させるか (true)、プールですべての接続が使用されるまで試行を続けるか (false) を指定します。デフォルト値は false です。

表24.16 管理オブジェクト要素

要素説明
config-property管理オブジェクト設定プロパティーを指定します。

表24.17 復元要素

要素説明
recover-credential復元に使用する名前とパスワードのペアまたはセキュリティードメインを指定します。
recover-pluginorg.jboss.jca.core.spi.recovery.RecoveryPlugin クラスの実装を指定します。
デプロイメントスキーマの自動有効化は、jboss-as-resource-adapters_1_0.xsdhttp://www.ironjacamar.org/doc/schema/ironjacamar_1_0.xsd に定義されています。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。