6.4.3. 管理インターフェースによる XA データソースの削除

概要

ここでは、管理コンソールまたは管理 CLI を使用して、JBoss EAP 6 から XA データソースを削除するために必要な手順について説明します。

手順6.9 管理 CLI または管理コンソールのいずれかを使用した XA データソースの削除

    • 管理 CLI

      1. 次のコマンドを実行して XA データソースを削除します。
        xa-data-source remove --name=XA_DATASOURCE_NAME
    • 管理コンソール

      1. 管理コンソールの Datasources パネルに移動します。

        1. コンソールの上部から Configuration タブを選択します。
        2. ドメインモードの場合は、左上のドロップダウンボックスからプロファイルを選択します。
        3. コンソールの左側にある Subsystems メニューを展開し、Connector メニューを展開します。
        4. Datasources を選択します。
      2. XA Datasource タブを選択します。
      3. 削除する登録済みの XA データソースを選択し、Remove をクリックして XA データソースを永久的に削除します。
結果

XA データソースがサーバーより削除されます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。