6.3.3. 管理インターフェースによる非 XA データソースの削除

概要

ここでは、管理コンソールまたは管理 CLI を使用して、JBoss EAP 6 より非 XA データソースを削除するために必要な手順について説明します。

手順6.6 非 XA データソースの削除

    • 管理 CLI

      1. 次のコマンドを実行して非 XA データソースを削除します。
        data-source remove --name=DATASOURCE_NAME
    • 管理コンソール

      1. 管理コンソールの Datasources パネルに移動します。

        1. コンソールの上部から Configuration タブを選択します。
        2. ドメインモードの場合は、左上のドロップダウンボックスからプロファイルを選択します。
        3. コンソールの左側にある Subsystems メニューを展開し、Connector メニューを展開します。
        4. Datasources を選択します。
      2. 削除するデータソースを選択し、Remove をクリックします。
結果

非 XA データソースがサーバーより削除されます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。